audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: firefox

Japanizeのその後だけど、案の定日本語→英語に翻訳しちゃった人が現れたらしい。

この点については一応自浄作用が効いたようなので良いとして、Japanizeをしばらく使ってみて、以下の点から使用をあきらめざるを得ないと思っています。

googleの検索結果が変になる

検索結果の文中になぜか日本語が入ると思ったらJapanizeの影響でした。文中の「video」が「ビデオ」ってなってたりするんですよ。

Japanizeでは現在のところ、「google.com」というドメインで包括的に訳しちゃっているので、影響があちこちに出ます。

余計な翻訳を排除しにくい

youtubeのタグまで翻訳する必要ないと思うんですよ。「Guitar」で検索したら「ギター」が出てくるのは不自然だと思うんですよね。これがシステム側で提供されるあいまい検索の一環というなら全然問題ないんですが、Japanizeはあくまで見た目を日本語化するものなのでわずらわしいです。

ただ、これがいいという人もいると思うので、いきなり削除というわけには行かないのがつらいところです。個人的には邪魔なんですが・・・。

やはりデフォルトオフでドメインごとのオン/オフが必要

現在は、Japanizeをオンにするか、オフにするかという選択しかできないのですが、ユーザーがこのドメインは翻訳して欲しいと思ったときにだけオンになったほうが良いと思います。

現在の仕組みは翻訳されているサイトでステータスバーに「翻訳済み」と表示されるのですが、常に意識していないといけないというのはちょっとつらい。

やっぱり標準はオフで、クリックすると翻訳したものに切り替わるという仕組みの方が良いように思います。

本日 (2006/9/13) 10:35 頃から 12:33 まで、ある .jp ドメインについて日本語→英語の翻訳データが登録されていました。ふだんは日本語で表示されているウェブサイトが英語になっていて驚かれたユーザーの方々にはお詫び申し上げます。また、対応いただいた翻訳者の方には、この場を借りて御礼申し上げます。

Kazuho@Cybozu Labs: Japanize - JP ドメインの翻訳データ登録について


追記:Firefox 7に対応した記事を書きました。


前にも書いたかもしれませんが、今はメインブラウザとしてFirefoxを使っています。良い点はいろいろあるのですが、Firefoxをインストールしたときにまず行う設定を通じて紹介してみたいと思います。

Cookieを有効にするが、保存期間はFirefoxを閉じるまで

個人的にはFirefoxの一番の魅力です。Cookieを有効にしていないといろいろと不便になるサイトはよくあります。なので、有効にしてあげるけどFirefoxのウィンドウを閉じたら全部消しますよと。ウィンドウを閉じてもCookieを残しておいてあげたいサイトは、例外として登録してあげればOK。

最小フォントサイズを12ポイントに設定する

Firefoxでは、最小フォントサイズの設定が可能です。世の中には、米粒に書き込んだかのようなサイズの文字を使ってページを作る人がいますが、文字は読まれてナンボですので、12ポイントより小さい文字は強制的に12ポイントで表示します。

JavaScriptを有効にするが、一部の機能は使わせない

これは標準設定な気もしますが、かなり良いので紹介を。

「ウィンドウのサイズおよび位置の変更の禁止」Flashを使ってるサイトとかで勝手に変えようとするんですよねえ。IEだと変えられたサイズをウィンドウが記憶しちゃうんで困ってたんですよ。

「コンテキストメニューの無効化および変更の禁止」まあ、メニューを使われたくないこともあるんでしょうが、その事情にこちらが付き合う必要は無いので。

「ステータスバーのないウィンドウの禁止」ステータスバーの無いウィンドウなんて考えられないですよ。あやしいと思ったときに、リンク先を確かめるのが面倒になりますから。

「ステータスバーのテキストの変更禁止」一時期、文字をスクロールさせたりするのがはやりましたけどね。ステータスバーには重要な役割があるので変更されたくないわけです。

フォーム情報の保存をオフにする

URLのオートコンプリートならいざ知らず、フォームに入力する程度の文字量なら、オートコンプリートで表示されたものが適切かどうか判断するよりも自分で打ったほうが早いので、オフにします。しかし、Google Suggestプラグインを入れていると強制的にオンになるようで困ってます。無視するつもりでも、候補が表示されると一瞬気になるんですよね(追記:Google Toolbarの導入で解決しました。)。

ダウンロード履歴をダウンロード終了時に削除する

ダウンロードが終了したかどうかは、ダウンロードしたものが指定した場所にあるかどうか見ればわかるので、終了と同時に削除するように設定します。あわせて、ダウンロードは常にデスクトップに行い、ダウンロードが終了したら、ダウンロードマネージャウィンドウは閉じるように設定しています。

こんなところかな。Firefoxだと、こういう設定がプラグインとか無しでできるわけですよ。すごいよねー。

おまけ:QuickTime MovieやPDFをブラウザ内で表示しないようにする

QuickTime Movieの初期設定は、Firefoxのウィンドウ内で再生するように設定されていますが、リサイズなどができないので不便です。ダウンロード→「プラグイン」をクリック、の画面でプラグインの有効/無効を切り替えることができます。PDFはAdobe Readerの設定でもブラウザ内に表示するかどうかを設定できますが、こちらでもできると思います。

このページのトップヘ