audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: PS3

無双OROCHI 2 (通常版)

PSVitaの新・三國無双NEXTがまだ序盤も序盤という感じだけど、こっちも発売されてしまったので購入。まあ、予約してたんだけど。

三國無双シリーズと戦国無双シリーズのキャラが一堂に会すお祭りソフトなだけあって、最初の面から1700KOに達する程の敵が押し寄せてくるサービス仕様に圧倒された。というか、敵が多すぎて出てきたアイテムが敵の群れの中に埋もれて見づらくなる始末。無双乱舞もかなり使い放題って感じなんだけど、いつもの癖でチクチクやってしまう。チクチクやるだけでもかなり爽快感あるんだけどねー。

今回はやっぱ真・合体技がとても良い出来で、フィニッシュはこっち側を見てポーズを決めると同時に爆発するという、あれは笑える。

悩みどころはキャラが多すぎてどう使い分けていいのかよくわからないところ。レベルに差がついちゃうのでどうしても偏ってしまう。一応、シナリオごとに推奨武将を用意したり、経験値の振り分けとかができるようになってるけど、経験値選択がシナリオ選択前しかできないので、どうせならシナリオ選択→推奨武将→経験値振り分けでスタートの仕組みとかにしてもうちょっとバランスとって欲しかったかも。

無双OROCHI 2 (通常版)
販売元:コーエーテクモゲームス
(2011-12-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

トリニティ ジルオール ゼロ(通常版)

待ちわびたトリニティ ジルオール ゼロがようやく届いてさっそく遊んでたんだけど、期待以上に没頭できる出来で、9時に朝飯を食べてそのまま17時前までトイレもろくにいかずにやり続けてた。ゲームでこんだけ没頭したのって超久々だ。続きを読む

ファイナルファンタジーXIII

11章のボス撃破まではわりと順調に進んだけど、12章に行く前にレベル上げも兼ねてミッションを片付けてみるかと思ったのがどうもいけなかったようで、しばらく停滞してしまっていたFF13。やっぱ話が進まなくなると飽きるね。

それでも、各キャラの主力ロールはだいたい上げ終わったのでもうそろそろ先に進めるかということで、エデンに突入。

いやー、11章のボスを倒した後、ミッションをやることにしてよかったというか。レベルを上げていなかったら結構苦労してたかも。

最後のボスの頃には主力ロールのレベルが上がりきってたんだけど、それでも1回やられた。2回目は割と圧勝出来たんだけど、ベールを切らさないようにしたことと、ウィークが決まったことが大きそう。

メンバーを選べるようになってからは、リーダーがファングでライトニング、ホープの組み合わせで固定してしまった。ライトニングは主人公なので外す気が無かったのと、ヒーラー+エンハンサーの組み合わせでホープ、あとはジャマー+アタッカーが欲しかったのでファングって感じ。ヒーラーを手動で動かすのは大変すぎるので、リーダーはファングにすると。

話の方はちょっとなーという感じだったけど、クリアしたのは10以来かな。テンポも良くて、オプティマも楽しませてもらったし、良いゲームだったと思う。

ファイナルファンタジーXIII
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2009-12-17
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

「FF13 ファランクス」まで入力したら、候補に「FF13 ファランクス 倒し方」「FF13 ファランクス 倒せない」「FF13 ファランクス 攻略」と出てきて、みんな困ってるんだなーと実感。

ファランクスは、マハーバラ坑道に出てくる戦闘工兵という種類の敵。引き連れている敵が「バージョンアップ」して滅茶苦茶強くなる「号令」と際限なく敵を呼び寄せる「招集」を連発するという嫌なヤツだ。

最初は普通に周りから倒そうとしたんだけど、新しい敵をどんどん招集されて、圧力に耐えられず敗北。2回目はファランクスを一気に倒そうと思ったんだけど、やっぱりバージョンアップによる攻撃力アップに耐えられず敗北。うーむこりゃ無理だと、その場はやり過ごすことにしたんだけど、狭い橋の上で再度登場。試しにDEF+HLR+HLRでやってみたんだけど、らちがあかない。

逃げられないし……ということで、検索してみた。JAMでスロウをかけてラッシュアサルトというのが有効そうだったので試してみたら、なんとかなってくれた。回復は死んだらフェニックスの尾で!という力押しだったけれども。メンバーはファング、ライトニング、ホープ。

ファイナルファンタジーXIIIファイナルファンタジーXIII
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2009-12-17
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

ファイナルファンタジーXIII

ブックオフでファイナルファンタジー13が1550円だったので買ってきた。海外版が発売されて再注目されているのも後押ししてくれた。メーカーに多少は還元したいなと考えると、ホントは値崩れした新品を買いたいところだったんだけど、旅先のきまぐれだから仕方ない。

ところで、店員が奥からディスクを持ってきて普通にケースに入れてそのまま閉めたので、あれっ?と思って「盤面確認は?」と聞いたら「ああ」と言ってケースを空けて取り出したディスクはそもそもFF13じゃねえ!アブねー。交換しに君津まで来るわけにはいかんしな……。

さてさて、FF13の前評判を聞いていると用語の使い方とか、なんとなくFF8を彷彿とさせるものがあったのでかなりとまどってたんだよね。FFシリーズの中ではFF8が一番シナリオ面で入り込めなくて。だけど、プレイしてみると意外とすっと入れて、今のところ楽しめてる。ただ、ファルシのルシとかもうちょっと何とかならなかったんだろうか。もう使徒とかでいいじゃんと思うんだけど。

一本道も今のところ気にならないかな。ただ、□ボタンを押すと簡単に地図を確認できるので、いつ見ても一本道な地図を見て、ネタとして取り上げたくなる気持ちはすごくよくわかる。実際のところ窮屈さで言うとFF10とかの方がキツかったような気がする。カメラ固定だったし。確か。

戦闘はオプティマが解放されて数時間経ったというあたり。システムはシリーズ最高だと思う。MP廃止、HP自動回復は本当に英断。どの戦闘も最高の戦力であたれるので、見栄えもするし、飽きも来ない。ただ、オーディンとの戦闘でFF13の戦闘システムの難しさの片鱗を味わった気がする。ちょっと今後「難しすぎ!」と泣き言を言うかも。あと、リーダーを変えるときはちょっとだけでもフィールドで操作させて欲しい。リーダーが変わって操作しないうちに戦闘が始まって、俺は誰を操作してるんだ?と何回か思った。

今回やっていてちらちらと感じたのは、ゲームと映画について、ちょっと新しい展開になるかなということ。今までのFFはいやー、こんなのムービーで見せるなら、もう最初から最後までムービーにしろよと感じたりしたものだけど、今回はなんだかその感覚がすくない。何でだろうと思うのだけど、普通に歩いてて仲間が好き勝手に動いて「お先ー」とか言ってマップの先に勝手に進んだりするものだから、何か「映画の中に入ってる感」を多少感じているということかもしれない。もちろん他の要素も絡んでるんだと思う。たとえば、戦闘がシームレスなので、マップ上のキャラと戦闘中のキャラのギャップを感じなくて済み、結果として一連の流れとして画面をとらえられるとか。

ここまでは、結構べた褒めして良いんじゃないかと思っている。

ファイナルファンタジーXIII
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2009-12-17
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

このページのトップヘ