audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: HDMI

HDMIケーブルの規格ロゴについての記事があった。「消費者がロゴを確認するだけで、どのケーブルを買うべきか識別可能」って、本気で思ってるんだろうけど、前提条件がいろいろ間違っちゃってるんだろうなっていう感じはするよね。

ソニーのメモステの命名規則でも思ったけど、説明する気のないものを文字にしちゃダメなんだよね。MS→MS Duo→MS Pro、Pro Duo、micro→MS Pro-HG、Pro-HG Duo、Pro-HG micro→MS XC Duo、XC micro、XC-HG Duo、XC-HG microみたいなさ。

取扱説明書で、「本機の対応メモリースティック」とか言ってこんなのがずらずら並んでたら読みづらくてしょうがないよ。

で、HDMI。「ハイスピード」に「with Ethernet」だもんなあ。普通の人はピンとこないと思うんだけど……。それにしても、STANDARDかあ。なんかこの言い方引っかかるんだよな。アメリカの商売人っぽい押しつけを感じて。

デジタルインターフェイス「HDMI」の規格ライセンスなどを行なうHDMI Licensingは18日、HDMIの最新バージョン「HDMI 1.4」の新機能を認証するロゴを発表した。  HDMI 1.4では、新たにHDMIケーブル上でEthernet信号の双方向通信(HEC)が可能となるほか、4K/2Kの高解像度映像や、3D映像信号の伝送に対応。さらに、Adobe RGBなどの広色域規格や自動車用のロック付きコネクタなどが定められている。

HDMI 1.4の新機能対応ケーブル用ロゴを策定 -AV Watch

HDMIって小数点以下のバージョンアップでも新機能がもりもり入ってくるので1人の消費者としては対応機器を買うタイミングに困るわ……。AVアンプとか。

デジタルインターフェイス「HDMI」の規格ライセンスなどを行なうHDMI Licensingは28日、HDMIの最新規格「HDMI version 1.4(HDMI 1.4)」を発表した。

HDMI 1.4では、新たにHDMIケーブル上でEthernet信号の双方向通信が可能となるほか、4K/2Kの高解像度映像や、3D映像信号の伝送に対応。さらに、Adobe RGBなどの広色域規格や、新たに策定されたMicro HDMIコネクタに対応するなど多くの機能強化が図られている。

HDMIの新バージョン「1.4」が規格化。Ethernet伝送も -AV Watch

ずいぶん安くなったなー。

オンキヨー、IntegraブランドのHDMI 1.3 AVアンプ
オンキヨー株式会社は、IntegraブランドのHDMI 1.3a搭載AVアンプ「DTX-5.9」を6月2日より発売する。価格は105,000円。カスタムインストール市場向けに展開し、Integra特約店を中心に販売する。  バージョン1.3a対応のHDMI入力を4系統、出力を1系統備えたAVアンプ。カスタムインストール市場向けに、RS232端子やIRトリガー端子を装備するなど、外部機器との連携機能を強化している。

このページのトップヘ