audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: AV

ちょっと理由が苦しいけど、エントリーモデルって位置づけなのか。ただ、エントリーモデルならエントリーモデルなりの力の入れようってのがあるはずなんで、まあそれはできていないと。

HD Recについて「必要なものは入れる」って発言に、現時点でどうこう言えるものではないけど、HD Recは再生できますくらいの対応にとどめておいて欲しいところ。

下田事業部長は「BDのエントリーモデルとして、ある程度思い切った。RDのような編集機能など、高度な機能は入れていない」という。開発・生産については「レグザリンクなど、東芝の技術は入っている。個別のどの製品が自社開発か、自社生産かはこれまでも公開していない」と答えた。  ただ、RDと同様の機能を備えた製品の投入は「検討している」。HD Recなどの機能も「今後の商品展開で、必要なものは入れる」というスタンスだ。「東芝が培ってきた技術を結集し、今後さらにBDレコーダー、BD対応REGZAのラインアップを拡充していく」という宣言からは、RDファンが待望するBDレコーダーの登場も期待できそうだ。

「前を向いて進むのみ」──東芝、Blu-ray Discレコーダーを発売 - ITmedia News

ついに発表されたねー。詳しく見た訳じゃないけど、DVDへのHD録画はHD RecじゃなくてAVCRECみたいだし、普通のBlu-rayレコーダーなのかな。

製品情報 / 機能情報 - 機能比較表【最新版】 | 東芝 : HDD DVD」なんかを見ると、DVDのVARDIAにあった機能がなくなってるっぽかったりして、間に合わせ感がただよってるけれども……。

当社は、テレビとのセット購入率が高まっているブルーレイディスクレコーダー市場に参入し、「ヴァルディア(VARDIA)」シリーズの新商品として、大容量1,000GB(1TB)のハードディスクを搭載したブルーレイディスクレコーダー「D-B1005K」および320GBのハードディスクを搭載した「D-B305K」、またVTRと1,000GB(1TB)のハードディスクを搭載した「D-BW1005K」を2月中旬から発売します。

東芝:ニュースリリース (2010-01-14):ブルーレイディスクレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」の発売について

HDMIケーブルの規格ロゴについての記事があった。「消費者がロゴを確認するだけで、どのケーブルを買うべきか識別可能」って、本気で思ってるんだろうけど、前提条件がいろいろ間違っちゃってるんだろうなっていう感じはするよね。

ソニーのメモステの命名規則でも思ったけど、説明する気のないものを文字にしちゃダメなんだよね。MS→MS Duo→MS Pro、Pro Duo、micro→MS Pro-HG、Pro-HG Duo、Pro-HG micro→MS XC Duo、XC micro、XC-HG Duo、XC-HG microみたいなさ。

取扱説明書で、「本機の対応メモリースティック」とか言ってこんなのがずらずら並んでたら読みづらくてしょうがないよ。

で、HDMI。「ハイスピード」に「with Ethernet」だもんなあ。普通の人はピンとこないと思うんだけど……。それにしても、STANDARDかあ。なんかこの言い方引っかかるんだよな。アメリカの商売人っぽい押しつけを感じて。

デジタルインターフェイス「HDMI」の規格ライセンスなどを行なうHDMI Licensingは18日、HDMIの最新バージョン「HDMI 1.4」の新機能を認証するロゴを発表した。  HDMI 1.4では、新たにHDMIケーブル上でEthernet信号の双方向通信(HEC)が可能となるほか、4K/2Kの高解像度映像や、3D映像信号の伝送に対応。さらに、Adobe RGBなどの広色域規格や自動車用のロック付きコネクタなどが定められている。

HDMI 1.4の新機能対応ケーブル用ロゴを策定 -AV Watch

Blu-ray Discで使用されているコピープロテクト、AACSの正式版が策定されたらしい。映像コンテンツの供給者にとって、コピーが作成されること、そのコピーが海賊版として流通すること、Youtubeなどの動画配信サイトで垂れ流し状態になること、これらが問題となる。

そういう意味では、コピーが簡単なDVDというのは悪夢のようなメディアだったことだろう。AACSではこの問題を踏まえ、強力な暗号技術を用いると共に暗号キーを更新可能として暗号キーの流出に備えた。暗号キーが流出しても、暗号キーを更新することにより、更新後に発売されるパッケージでは流出した暗号キーが無意味となる。このため、AACSに対応した機器では、暗号キーの更新に対応するためのアップデート機能を備えている。

もう1つ。これが問題になっていたんだけど、アナログ出力制限。要するにHDMI端子またはHDCPに対応したDVI端子を搭載したテレビやディスプレイでしかBlu-rayが再生できなくなるというもの。

利用できなくなるのはD端子、コンポーネント端子(赤青緑)、S端子、コンポジット端子(黄)。まあ、普通のテレビで言うところのHDMI端子以外全部なんだけれども。もちろん、HDMI端子を搭載しているだけではダメで、HDMI端子を使ってBlu-rayのプレーヤーやレコーダーをつながないといけない。

スケジュールとしては、2010年12月31日に製造されるプレーヤーやレコーダーは今までどおり。その後に製造されるもののアナログ系の端子はSD解像度(インターレース)での出力に制限される。D端子を使っていても480iでしか出力できない。さらに、2013年12月31日より後に製造されるプレーヤーやレコーダーはBlu-rayのアナログ出力が一切できなくなる。

注意しておきたいのは、あくまでこれはBlu-rayのパッケージを再生する場合の制限であること。ケーブルテレビの外部チューナーが使えなくなるとか、Blu-rayレコーダーで録画した映像が見れなくなるとか、そういうことではない。Blu-rayのパッケージを買っていないのであれば、DVDのパッケージを買えばいままでどおりで何の問題もない。

今後、Blu-rayがDVDを完全に駆逐するという事態になるのかどうか、まあそこまでは無いだろとは思いつつも、無いと言い切れるものでもないので、テレビを買うときはHDMIが付いているものを選びましょう、そんな感じ。あわてる必要はないです。

AACSは、Blu-ray Discなどのパッケージソフト向けROM規格や著作権保護が必要な記録型メディアで採用されている著作権保護規格で、暗号化の仕組みやコンテンツ運用の枠組みなどが規定されているが、これまでは暫定ライセンスにて運用されていた。

Blu-rayの著作権保護方式「AACS」の正式版が策定 -AV Watch

HDMIって小数点以下のバージョンアップでも新機能がもりもり入ってくるので1人の消費者としては対応機器を買うタイミングに困るわ……。AVアンプとか。

デジタルインターフェイス「HDMI」の規格ライセンスなどを行なうHDMI Licensingは28日、HDMIの最新規格「HDMI version 1.4(HDMI 1.4)」を発表した。

HDMI 1.4では、新たにHDMIケーブル上でEthernet信号の双方向通信が可能となるほか、4K/2Kの高解像度映像や、3D映像信号の伝送に対応。さらに、Adobe RGBなどの広色域規格や、新たに策定されたMicro HDMIコネクタに対応するなど多くの機能強化が図られている。

HDMIの新バージョン「1.4」が規格化。Ethernet伝送も -AV Watch

このページのトップヘ