audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: 賀東招二

フルメタル・パニック! アナザー2 (富士見ファンタジア文庫)

待ちに待った第2巻。新ASも登場していよいよ新しい日常が始まるって感じだね。

前も書いたような気がするけど、この人は文章がやっぱうまい。絵が浮かんでくるような描写なのに、描写に費やす文の量が多いとも感じないし。なんなんだろなー。

フルメタル・パニック! アナザー2 (富士見ファンタジア文庫)
著者:大黒 尚人
販売元:富士見書房
(2011-12-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫)

著者変更ってことでやっぱ不安があったんだけど、全くの杞憂だった。世界観がすでに確立していて、しかも読者とも共有できているところからのスタートだし、元の原作者が監修としてしっかり見ていたようなので有利な面はあると思うんだけど、すばらしい。

あらすじで考えると、軍事用ロボットが暴走→ヒロイン機が被弾→主人公が乗り込む→なんとかやっつけて目をかけられるという、青少年が主人公なロボットアニメで3万回は見かけたような展開なんだけど、描写が魅力的なのでまったく気にならなかった。もしかしたら俺の好みがこういう展開を5万回くらいまでなら飽きずに見てられる感じなのかもしれないけど。

で、後書きまで進んだら、著者新人て。すげえ。

フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫)
著者:大黒 尚人
販売元:富士見書房
(2011-08-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

フルメタル・パニック!  マジで危ない九死に一生? (富士見ファンタジア文庫)

本編が完結してるのですっかりノーマークだったんだけど、そういやこのシリーズもあったんだ。あとがきによると、このシリーズも終わりらしい。本編とは違ってドタバタが面白いんだけどなあ。もったいない。

とは言え、フルメタルパニック!とは違う新シリーズも今年中に読めるようなので、それはそれで楽しみ。

フルメタル・パニック! マジで危ない九死に一生? (富士見ファンタジア文庫)
著者:賀東 招二
販売元:富士見書房
(2011-08-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

フルメタル・パニック!12  ずっと、スタンド・バイ・ミー(下) (富士見ファンタジア文庫)

一気に読んだ。こうもグッと気持ちが入っていける話を読んだのはいつ以来だろう。キャラクターに感情移入して涙ぐみ、最後はああ良かったと余韻を楽しむことができるのは幸せだと思った。素晴らしい小説だった。

フルメタル・パニック!12 ずっと、スタンド・バイ・ミー(下) (富士見ファンタジア文庫)
著者:賀東 招二
富士見書房(2010-08-20)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

フルメタル・パニック!11  ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) (富士見ファンタジア文庫)

2年ぶり?かなめの人格がヘンになってレナードとどっかいったみたいな記憶とミスリルが壊滅したっていう位の記憶しか残って無くて、10巻を読み直してから取りかかるべきかと悩んだけれども結局そのまま読み始める。

冒頭から、えーっと、学校で何かあったっけ?ハイジャックの話か……って、それはずいぶん前だよな。うーん、なんだったかなーと思いつつ読む。あれ、クルツやられたんだっけとか結構ひどいことを忘れてたりしたけど、まあ読み終わる。

この巻はあれだね、種まきの巻。8月の最終刊まで待って読んだ方が良かったかもなー。確実に言えるのは、10巻はもう一度読んでおいた方がいいということだ。

フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) (富士見ファンタジア文庫)
著者:賀東 招二
販売元:富士見書房
発売日:2010-07-17
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

このページのトップヘ