audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: 著作権

ニコニコニュース‐着うた配信及び今後の協業に関する共同コメント

着うた配信及び今後の協業に関する共同コメント:メディアファージ事業部 ブログ

すばらしい。権利関係についての認識が文書化されたのは大きいね。あとはすでに契約済みの人たちにどう対応するか。

それと、初音ミク関連の音楽の作者が管理をJASRACなどに信託するという行為が作者の権利であることをコミュニティがきちんと許容できるかというあたりは気になる。

ニコニコニュース‐クリプトン社様からの着うた配信の経緯(2)に関して

ニコニコニュース‐クリプトン社の謝罪に対するコメント

本当にドワンゴ・ミュージックパブリッシングの書き方はわかりにくい。細切れに反論する上に論拠が微妙に的外れから全体が見づらいんだよな。

お互いの反論を読んでいて見えてくるのは、自らの常識で脳内完結するドワンゴ・ミュージックパブリッシングと、契約のなんたるかも知らずに不用意な対応を取り続けたクリプトンという構図。

とりあえず、着うたの無断配信問題について両者の言い分を元にちょっと整理しよう。

ドワンゴ・ミュージックパブリッシングは、クリプトンが原盤権を確保したと解釈し、クリプトンの許諾を得て、着うたの配信を開始した。しかし、クリプトンは原盤権を確保しておらず、結果として無断配信することとなった。というのがドワンゴ・ミュージックパブリッシングの主張。

しかしながら、他のサイトの情報を見ていると音声データを作者に直接請求している様子。ドワンゴ・ミュージックパブリッシングが、原盤権はクリプトンが持っていると認識しているのであれば、クリプトンから供給を受けるべきではないかな。

このことから出てくるのは、ドワンゴ・ミュージックパブリッシングが誤認を利用して事を運ぼうとしたのではないかという疑問。

クリプトンと作者間の原盤権に関する契約が完了していないことを知りながら、クリプトンからの許諾という口実を利用して、作者から直接得た音声データを配信したのではないか。

また、契約書の存在も、おそらくは作者とクリプトンとの間で契約が締結されていればという前提のものであるはず。ここで問題になるのは、クリプトン側が行った口頭での許諾という話。これも、ドワンゴ・ミュージックパブリッシング側の誘導があったのではないか。しかしながら、先日からのクリプトン伊藤氏の発言を読んでいると、口頭でのやりとりに関してかなり脇が甘いように見えた。このあたりはドワンゴ・ミュージックパブリッシングの陰謀論よりも、クリプトン側の見識不足を疑った方がいいかもしれない。

まああれだ、ドワンゴ・ミュージックパブリッシングのブログ上の発言は話のすり替えが多すぎるし、クリプトンのブログ上の発言は不用意でいいわけがましいという感じ。

クリプトンとドワンゴ・ミュージックパブリッシングの話」を書いた後で「着うた配信の経緯(2):メディアファージ事業部 ブログ」が公開された。

やっぱりわからないのは、クリプトンが原盤権と出版権を確保しようとしている理由。原盤権と出版権の信託をどこにするかは作者が選択することじゃないのかな?

追記:

ファイル名が「2_2.html」から「2_3.html」に変わった。文の変更は無し。

着うた配信の経緯:メディアファージ事業部 ブログ

ニコニコニュース‐クリプトン社の謝罪に対するコメント

まず、初音ミクの名前でJASRACに登録されたことはドワンゴ・ミュージックパブリッシングの謝罪と訂正で解決した。

今思うのは、クリプトンが「初音ミク」の商標およびキャラクター使用許諾以外の部分になんで絡もうとしているのかがわからない。もちろん、クリプトンの主張にある「着うた独占配信の許諾を迫る」という部分が初音ミクのキャラクターを使ったキャンペーンをドワンゴ・ミュージックパブリッシングでのみ行えるようにしようという動きであれば、クリプトンが1枚噛む権利はある。また、初音ミクを楽器としての意味だけではなく、キャラクターとしても使うことになると思うので、そこの使用許諾に絡む権利もある。

でもクリプトンが原盤権と出版権を確保しようとするのはなんでなんだろう?確保できれば金になるけど、クリプトンがそこに手を出すのは筋違いな気がする。その辺がもめているのは、俺はクリプトンに原因があると思う。

初音ミクを使った楽曲が作者の意図に反してJASRACに登録されている、あるいは信託の意味が作者に正確に伝わらずに作者とドワンゴ・ミュージックパブリッシングの契約が結ばれたのではないかという部分はドワンゴ・ミュージックパブリッシングが悪い。

それぞれの立場で主張を展開するのは仕方ないけど、それぞれの問題点がわかりにくい形になるのはお互いにとってマイナスなんじゃじゃないかな。

すみません、以下の記載は間違っていたみたいです。申し訳ない。

作詞作曲が無信託になってるってことは、たぶんニコニコ上の音源もJASRACの管轄外じゃないかな。

おそらく、ドワンゴが管理する音源の原盤権あたりの制限が掛かるだけだと思うので、変に叩かれないといいけど……。

JASRACがみっくみくにされました。いや、みっくみくがJASRACされているといったほうがいいかも。

このページのトップヘ