audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: 水野良

新ロードス島戦記〈6〉終末の邪教〈下〉 (角川スニーカー文庫)

一応前回の展開を覚えていたよ。

新ロードス島戦記〈6〉終末の邪教〈下〉 (角川スニーカー文庫)
著者:水野 良
販売元:角川書店
発売日:2006-11-30
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士 (富士見ファンタジア文庫)

先日買った新ロードス島戦記第5巻のあとがきに、「魔法戦士リウイ」シリーズ最新刊の舞台がロードス島で、パーンとディードリットが登場しているとあったので、早速買って読んでみた。「魔法戦士リウイ」シリーズも「ロードス島戦記」シリーズもフォーセリアという共通の世界を舞台にしているのでこういう展開もありうるわけだ。

このシリーズはファーストシーズンが9冊、セカンドシーズンが3冊、ファイナルシーズンが2冊出ていて、今回の「呪縛の島の魔法戦士」は、ファイナルシーズンの2冊目になる。幸い、ファーストシーズンは読み終えていたし、今日は休みなので5冊一気に読むことにした。

さて、最大のサプライズは、17年前にロードス島戦記を読んでいて「あれ?」と思った部分が解消されたこと!・・・なんとも気の長い伏線だよね。本書でのパーンは剣の腕が目立つばかりでちょっと読んでいて不満だったんだけど、最後に17年前の違和感が解消されたことで満足できた。5冊はつらかったけど・・・。

魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士 (富士見ファンタジア文庫)
著者:水野 良
販売元:富士見書房
発売日:2005-03-18
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

新ロードス島戦記(5) 終末の邪教(上) (角川スニーカー文庫)

なんとたった1年で新刊が!びっくりしたけどホントにうれしい。Amazonの新機能、「なか見!検索」に角川が対応しているか調べようとして、たまたま「ロードス」と入れたらでてきたという偶然に小躍りしたくなったくらいで。

とは言え、最初に見つけたとき、「上」の字に大変不安を感じたのも事実。中途半端な状態で待つんだろうなあとも思ったけど、読み終えてみれば高揚感と最終巻への期待でいっぱい。本を読み始めて夢中になるというのはよくあったけど、これほどの感覚は初めてかもなあ。まさに想像を絶する展開。水野さんはよくぞ書いてくださった。

さて次の最終巻、今度こそロードス島戦記は終わってしまうのかなあ。Wikipediaの「ロードス島戦記」によると、「闘うパソコンゲームマガジン」こと月刊コンプティークでのテーブルトークRPGリプレイ連載が始まったのが1986年。20周年の記念の年に(きっと)最終巻がでるわけだ。これできれいに終わってしまうのはなあ・・・。

新ロードス島戦記(5) 終末の邪教(上) (角川スニーカー文庫)
著者:水野 良
販売元:角川書店
(2005-10-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

新ロードス島戦記〈4〉運命の魔船 (角川スニーカー文庫)

2年ぶりのロードス島戦記。

しかしたった218ページ。

あらすじと見まがう展開だけが書かれた文章。

どんどん軽くなる世界観。

・・・ひどすぎません?コレ。

新ロードス島戦記〈4〉運命の魔船 (角川スニーカー文庫)
著者:水野 良
販売元:角川書店
(2004-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

このページのトップヘ