audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: 機動戦士ガンダム

1/1 scale Gundam (Higashi-shizuoka)

今回の旅行の国道152号線に何かがあるという訳ではなかったので、東静岡のガンダムというのは1つの目標という感じだった。残念ながら一帯が柵で覆われていたので遠巻きに眺めるという感じだったけれども、ビームサーベルを持っている姿は見ることができた(お台場の時の写真)。

それにしてもこの写真、家に帰って開いたときは真っ暗で姿がほとんど確認できず美びったんだけど、補正でなんとかここまで再現してくれた。再現してくれたというか、現場では色とかも良くわかんなかったけど……!続きを読む

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (12) (カドカワコミックスAエース)

ついにララァ登場。とは言っても回想中なので時期は0078年。開戦の直前でシャアは一時的に軍を離れて地球を放浪中。

コミックでのララァは普通の少女という感じ。アニメでのララァはちょっと神秘的すぎるのでちょうどいいと思う。この時点でのシャアはニュータイプについて深く理解していないようで、ララァとの間で生まれたニュータイプ的な感覚が理解できていない。このあたりをどう描いて行くのかは楽しみ。

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (12) (カドカワコミックスAエース)
著者:安彦 良和
販売元:角川書店
(2006-04-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

2巻までしか買っていなかった機動戦士ガンダム THE ORIGINを買ってきました。これまでガンダムの漫画化というのは何回か行われてきましたが、やはり原作のキャラクターデザイン、アニメーションディレクターをやった人の書くマンガは説得力があります。当然ながら絵柄は本家、しかも原作の良いとき以上ですから。

また、原作では描写されていない部分にも踏み込んでいますが原作との矛盾を生じさせない程度ですし、当時のメインスタッフが書くものですから本当にそういう描写にしたかったのかも・・・と思わせてくれます。もっとも、富野喜幸的な本物のガンダムは小説版なんでしょうけどね。アレ、全然アニメと展開違うしね・・・ってニヤニヤするしか無い訳ですよ。その点、THE ORIGINは安心できると。

モビルスーツのデザインはこれも原作のメカニックデザインを行った大河原邦男によってリファインされちゃってるので原作至上主義者の方にはちょっとと思われるかもしれませんが、原作の放映時、安彦良和の描いたポスターやイラストに見ほれていた方はぜひ読んでみて欲しいです。あのクオリティがマンガになっています。シャープじゃないけど格好いい、あのモビルスーツたちに会うことができます。

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (8)
安彦 良和
角川書店 2004-11-26


by G-Tools

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1)   カドカワコミックA 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (2) カドカワコミックA 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (3) 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (4) 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(5) 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (6) 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(7)

このページのトップヘ