audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: 天元突破グレンラガン

劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇 【通常版】 [DVD]

いきなり螺旋王との戦いからはじまったものの、割とあっさり風味。終わってみると、これはしかたないよね……。

それにしてもグレンラガンは心を揺らすセリフが多いね……。シモンがアークグレンのピンチに現れたときにダヤッカが言った何気ない一言でさっそく涙腺がゆるんじゃってさ。やっぱり、そのセリフの背景にあるものがきちんと想像できる作りになってるからだろうね。色々と想像してしまって。「俺のドリルは天を衝くドリルだぁあああ!」みたいなセリフだけじゃないよね。

物語の方も良かった。アンチスパイラル登場からは完全に物語の世界に浸ってた。登場人物の一喜一憂に左右されるぐらい。ホント良かった。

なんか、見ていると力が湧いてくるというのも不思議だった。ああ、俺の生き方間違ってはいないなと。すくなくとも、ちゃんと前を向いて歩いてるなみたいなことを確信できたというか。とてもいい映画だった。

劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇 【通常版】 [DVD]
出演:柿原徹也
販売元:アニプレックス
発売日:2010-01-27
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

劇場版グレンラガン 紅蓮篇 【通常版】 [DVD]

グレンラガンを前後編に分けるとすると、区切りはどこだろう。候補としては、アニキの死、シモンの復活、螺旋王打倒あたりがあげられるかな。

ただ、アニキの死で終わるというのは3部作ならともかく前後編では中途半端すぎる。やっぱりシモン復活、ひょっとしたら螺旋王打倒まで行くかなーと思っていた。

結果はやっぱりシモン復活だったね。シモンがカミナのことを思ってグッとためるシーンはやっぱり涙なしには見られない。そういう印象深いシーンがラストに来るのは前編の終わりにふさわしいと思う。

劇場版ってことで、テレビ版とはどの程度変えてくるのかなと思ったけど、紅蓮篇はラストの戦闘だけだったね。そこに至るまでの話の持って行き方は正直感心しなかった。総集編でももうちょっと丁寧にやるだろみたいな。

螺巌篇はいきなり螺旋王との戦いから入るのかな。すげえなそれ。付いていけるだろうか。

劇場版グレンラガン 紅蓮篇 【通常版】 [DVD]
出演:柿原徹也
販売元:アニプレックス
発売日:2009-04-22
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

このページのトップヘ