audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: マツダ

IMG_1218

車を車検に出しに行ったらCX-5が置いてあったのでちょっと乗らせてもらった。何なら車庫に入るか試してきてもいいですよーなんて言ってもらったんだけど、駐車場の高さが足りなくて入らないんだよねー。もっとも、感覚が全く掴めてない車で左右ギリギリな場所に止めるのも怖すぎるんだけど。

ディーゼルターボっていいね!
もし買うならせっかくだからディーゼルにしたいってことを言ったら、ディーゼルだとあんまり乗らないとススが溜まっちゃいますよなんて釘を刺されちゃったんだけど、やっぱディーゼルには興味がある。

今回乗ったのはディーゼルターボでi-stop搭載型。停止するとエンジンが止まるんで、停止中は当然静か。i-stopはアクセラの頃より賢くなった気がするかも。ちょっとしか乗ってないんではっきり言えないけど。

ディーゼルターボは出足からパワーがあって、おおこれがディーゼルかと感心してしまった。RX-8は特に出足が悪いんでそれと比較してしまって感動的。ただ、やっぱ音がバスっぽいんだよね。当たり前なんだけど。とは言えRV車なんで、むしろソッチの方がそれっぽい気もする。

見にくい
RX-8で視界の狭い車には慣れてるのだけど、思ったより周りが見えないと感じた。特にボンネットが見えないとは思わなかったよ。こういう車だと座高が高いイメージがあるんだけど、乗ってるとそんな感じはしなかった。高いんだけど、見下ろす感じではないなと。

かっこいいね
割とスタンダードなデザインだけど、やっぱ格好良いね。内装も気に入った。シートが電動じゃないのと、普通なすわり心地だったのはちょっと残念だけど。

現在地

RX-8の12ヶ月点検でディーラーに行ってきたんだけど、待ち時間にアクセラを乗り回させてくれた。しかも営業の同乗無しで30分!国道走ったりしてすっかり満喫させてもらった。


i-stop

試乗したのはAXELA Sports 20S。i-stop搭載なので、信号待ちなどで停車すると即座にエンジンを停止する。ブレーキを放すと再度エンジンスタートするんだけども、最初はいつもの感覚が残っていたので、ブレーキを放した瞬間に動き出さないことに違和感を感じて「あれ?パーキング引いてたかな?」と思ったけど、軽くセルが回ってすぐに動き出した。セルを回すと言っても感覚的には半回転みたいなところで、一拍遅れるくらいのタイミングかな。信号が青になるといきなり踏み込む癖がある人向けの養成ギプスに思えた。

i-stopはエンジン始動直後やハンドルを切っているとき、エアコンの設定温度と車内の温度に差があるとき、ブレーキの踏みが甘いときなどは効かないということで、たまに作動してなかった(動作条件の詳細)。1回、右折待ちで交差点に進入して止まったときにi-stopが作動したけど、これはちょっと気になった。まあ、シフトを1回マニュアルモードに入れちゃえばエンジンが始動するようなので、ここではちょっとと思ったときでも回避できる。渋滞なんかの時はスイッチで切っちゃうこともできる。

ちなみに、30分弱の運転時間の間に4分ほど止まっていた様子。混みそうなところは避けたんで、信号でしか止まってなかったと思うけど、結構止まってたんだなあという印象だった。


エンジンと運動性能

車両重量はRX-8と同じくらい。2リッターのパワーは十分で、感覚的にはRX-8と似たような感じで踏めると思った。出足はアクセラの方が良好で、伸ばそうとすると一生懸命感が出てしまう。それでも中だるみとかはなくて、パワーがあるという感じ。

外見は相当低いと思ったけど、カーブとかでは思ったより腰高な印象。まあ、腰高と言ってもRX-8と比べての話。ブレーキはよく効く。不安感は無かった。乗っているときの印象が普通の車とスポーツカーとでどちらに近いかと言えば、完全にスポーツカー。

低速でのレスポンスとi-stopの組み合わせは、街乗りであればRX-8なんかより楽しいと思う。RX-8は街乗りであっても所々で楽しさを提供してくれるけど、やっぱり細かい道では広い道での楽しさとのギャップからくるストレスが大きい。

あと、エンジン音という面では、i-stopのおかげで停車中に音が無いのはちょっといいかも。踏み込んだときの音はあんまりいいと思わなかった。


乗り心地と内装

ちょっとバケット風のシートは思ったより包まれ感が無かった。前の席は結構広いと感じた。ただ、後部座席は外見の割りに狭いなー。後部シートも下がるのかな?さがんないよね?シートは、価格なりの印象。

座ったときは、ボンネットの先が見えねー!と想定通り思ったけど、車幅の感覚はかなりつかみやすかった。サイドミラーがでかい。あと後ろは見えないかなあと思ってたけど、普通に見えた。左後方とか。正直、乗る前はRX-8並みかと思ってたんだけど、点検が終わったRX-8に乗ったとき、あまりの見え無さにびっくりした。なんというか、RX-8って盆地の中から山の向こうを見る感じなんだなと思った。それくらい見えない。

乗ってる間、エンジン音やタイヤの音がちょっとうるさいなと思ったけど、(普段は結構静かだと思っている)RX-8に戻ったら比較にならないうるささだったので、i-stopでエンジン音が完全に消える時間があることからくる感覚かもしれない。

内装はちょっと安っぽく感じた。でもこの価格帯だとこんなものなのかもしれない。以前からRX-8の価格設定は安すぎると思ってたけど、やっぱりそんな感じ。ダッシュボードの上の部分、プラスチックに見えて弾力のある素材を使っていて、さわるとすげえ!と思うんだけど、見た目がプラスチックなのでちょっと微妙な気はする。


その他諸々

キーレスはやっぱりうらやましい。キーの穴はプラスチックのカバーで覆われていて、完全に緊急用。

マニュアルモードはRX-8と同じで、上がシフトダウン、下がシフトアップ。ただ、RX-8のように低域と高域にギャップがあるわけではないので、あんまり楽しくないかも。パドルシフトもあるけど、これはまあ使わないと思う。RX-8で使ってないし。

バンパーの造形はかなり複雑で良い印象。ここが甘いとやっぱ安っぽく見える。外見は相当がんばってるよね。

17インチホイールが標準になった……。

外見は良くなったね。前のデザインはエアロを付けないと下回りが寂しかったけど、今度のはうまく処理されていると思う。

【MAZDA】RX-8|カーラインナップ

『RX-8』は軽量・コンパクト・高出力を特長とするロータリーエンジンを搭載した4人乗りのスポーツカーとして、2003年5月に国内市場に導入された。今回の変更では、同車の特長である優れた走行性能やスポーティなスタイリングを進化・熟成させると同時に、質感や機能性を向上させている。また、『RX-8』の「走る楽しさ」を高次元で提供する機種として、走行性能をさらに高め躍動的なスタイリングをもつ「Type RS」を新設している。

【MAZDA】「マツダRX-8」をマイナーチェンジして発売|ニュースリリース

このページのトップヘ