audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: ビデオレコーダー

東芝は意外と面白い方向に進むんだろうかと思っていたんだけど、新VARDIAの発表を見て見当違いだったと感じた。

面白い方向というのは、ネットワークを活用した進化のこと。Blu-rayを採用しないと割り切るなら、そっちで独自性出すしかないよなあと思っていたので、かなり期待していたんだけど、「DVDでもHD映像を録画できますよ!!」の連呼でかなり萎えた。

いや、そう言いたくなるのはわかるんだけど、「○○に対応して無くても××できますから!」という訴えで成功した事例など一度もない。大体、HD Recって東芝のプレーヤー以外で再生できないじゃん。

以前からDLNAに対応してるし、延命するならネットワークに注力するしかないと思うんだけどなあ。Blu-ray搭載の道を絶った時点で事業としてはもう衰退の一途しかないけど。

東芝、フラッグシップDVDレコーダ「VARDIA RD-X7」
株式会社東芝は、DVDレコーダ「VARDIA」のフラッグシップモデル「RD-X7」を6月中旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は16万円前後の見込み。

と、ここまで書いて今気付いた。DVD Burningに対応するのか。これ自体の是非はともかくとしてやるべきことはわかってるみたいだね。

東芝、「オンデマンドDVD」を実現した新VARDIA
株式会社東芝は、DVDオンデマンドサービス「DVD Burning」に対応したDVD/HDDレコーダ「VARDIA」の新モデル「RD-S502」と「RD-S302」を6月中旬より発売する。

最初読んだときはどうかと思ったけど、いろいろ考えるうちに良いアプローチかもしれないと思った。VHSの操作性と使い勝手をそのまま移植するという発想ではなく、VHSのわかりやすさを移植しつつ、単純化できるところは単純化しようという考えがあるように思える。盛り込めるけど盛り込まないというのはそれだけで正しいというのが今だしなあ。

この記事を読むまでは、取っつきやすさに特化するならシングルチューナー、HDDのみ、番組表からの予約という構成が一番だと思ってたけど、考え直してもいいかもしれない。

「VHSをブルーレイで置き換える」
そうした潮流の中、独自の道を歩んでいるのがシャープのBDレコーダだ。上位シリーズの「BD-HDW20/10」こそ、1TB/500GB HDDとBDドライブを備えたハイブリッドモデルだが、普及モデル「BD-AV10」、「BD-AV1」は、近年では珍しいHDD無しの単体レコーダとなっている。AV1は1層BD-RE記録のみ、AV10は2層対応の上位モデルと位置付けており、店頭予想価格はAV1が10万円前後、AV10が12万円前後の見込み。

普通だったらRCAピン端子を付けて、地デジチューナーとしての需要も取り込みたいところだろうけど、あえてそれをしていないのがいいなあ。HDMI付きの液晶ディスプレイと組み合わせたい人とかには、コンパクトでいいんじゃないだろうか。

とはいえ、5万円という価格が実売でどこまで下がるかという点にかかっている。せめて4万を切ってこないと、5万円ちょっとで買えるDVDレコーダーに対抗できない。

250GB HDD内蔵。「BRAVIA」の背面に取り付け可能

 ソニーは、デジタル放送の録画/再生が行なえるHDDレコーダ「BRX-A250」を11月20日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5万円前後の見込み。

 250GBのHDDと、地上/BS/110度CSデジタルチューナを搭載したレコーダ。最大の特徴は、同日に発表された「ブラビア(BRAVIA)」新シリーズの「X7000/5050/5000」と「W5000」、「V5000/3000」シリーズと連携できること。HDMI接続することで、テレビに付属するリモコンから各種制御が行なえる。また、HDDレコーダにもリモコンが付属し、レコーダ単体でも動作するので、ブラビアリンク非対応のテレビとも接続できる。

俺の中ではずいぶん昔のことになってしまってたけど、7年前か……。

俺が使ってたのはSVR-715Aは未だに友人宅で健在です。HDD交換を自分でできるので重宝されてます。

難しいのは、これからデジタル対応テレビを買うレイト・マジョリティ層が、見たら消せばいいという感覚に馴染めるかという点である。だいたいソニーの「Clip-on(クリップ・オン)」が2000年に発売されて、今それでいいよねという感覚になるまで、7年かかったのだ。

小寺信良の週刊「Electric Zooma!」

VARDIA RD-XD72DとRD-XD92Dのアップデート。1ヶ月半前にVer.4が出たばっかだってのに。

内容を見ると結構致命的な問題に手が加えられたようだ。「異常が無いのにエラーが表示される」なんてのは、こないだなぜか直ったHDMIのエラーと関係してそうだし。

それにしても、発売開始前は存在していなった製品(Vista)に対応しなきゃいけないとは、やっぱこういう製品は難しいねえ。

  1. 本体に異常がないのにエラー表示が出ることがありましたが、改善いたしました。
  2. 他社製レコーダーで初期化したDVD-RW(VRモード)をファイナライズしていない場合、録画、再生ができなくなることがありましたが、改善しました。
  3. 地上デジタル放送をTS1/TS2で同じチャンネルを受信した場合、画面にノイズが発生することがありましたが改善いたしました。
  4. TS/VR録画中に見るナビを操作すると、録画されたタイトルの映像が一瞬乱れる場合がありましたが、 改善しました。
  5. Windows VistaでフォーマットされたDVD-Rが再生出来なくなる可能性がありましたが、改善しました。
続きを読む

このページのトップヘ