audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: ビデオレコーダー

ちょっと理由が苦しいけど、エントリーモデルって位置づけなのか。ただ、エントリーモデルならエントリーモデルなりの力の入れようってのがあるはずなんで、まあそれはできていないと。

HD Recについて「必要なものは入れる」って発言に、現時点でどうこう言えるものではないけど、HD Recは再生できますくらいの対応にとどめておいて欲しいところ。

下田事業部長は「BDのエントリーモデルとして、ある程度思い切った。RDのような編集機能など、高度な機能は入れていない」という。開発・生産については「レグザリンクなど、東芝の技術は入っている。個別のどの製品が自社開発か、自社生産かはこれまでも公開していない」と答えた。  ただ、RDと同様の機能を備えた製品の投入は「検討している」。HD Recなどの機能も「今後の商品展開で、必要なものは入れる」というスタンスだ。「東芝が培ってきた技術を結集し、今後さらにBDレコーダー、BD対応REGZAのラインアップを拡充していく」という宣言からは、RDファンが待望するBDレコーダーの登場も期待できそうだ。

「前を向いて進むのみ」──東芝、Blu-ray Discレコーダーを発売 - ITmedia News

ついに発表されたねー。詳しく見た訳じゃないけど、DVDへのHD録画はHD RecじゃなくてAVCRECみたいだし、普通のBlu-rayレコーダーなのかな。

製品情報 / 機能情報 - 機能比較表【最新版】 | 東芝 : HDD DVD」なんかを見ると、DVDのVARDIAにあった機能がなくなってるっぽかったりして、間に合わせ感がただよってるけれども……。

当社は、テレビとのセット購入率が高まっているブルーレイディスクレコーダー市場に参入し、「ヴァルディア(VARDIA)」シリーズの新商品として、大容量1,000GB(1TB)のハードディスクを搭載したブルーレイディスクレコーダー「D-B1005K」および320GBのハードディスクを搭載した「D-B305K」、またVTRと1,000GB(1TB)のハードディスクを搭載した「D-BW1005K」を2月中旬から発売します。

東芝:ニュースリリース (2010-01-14):ブルーレイディスクレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」の発売について

ダビング10が何かを理解できるユーザーは、そもそもすでにレコーダーを持っている。

......これで終わりでいいと思うんだけど、もうちょっと。

ダビング10問題が騒がれていることを不安に感じて買い控えるというユーザーなら結構いるだろうね。でもそれは「騒がれている」ことが問題であってダビング10は......なんか変な話だ。

まあでも、B-CASを使った著作権保護の仕組みはもう破綻してるんだけどね。B-CASによる著作権保護っていうのは要するに不正コピーの流通を防ぐことが目的なんだけど、フリーオのようにB-CASの運用規定を無視する機器が出回っているせいで、不正コピーを目的とする人間は生データをパソコン上で自由に扱える一方で、一般的な用途としてビデオレコーダーを買った人間は自由度が制限されるばかりか、データ消失の危険と隣り合わせの状態に置かれている。

このような現状は必ずユーザー離れを招く。利用時間の奪い合いが激化している現状で、タイムシフトの手段としてのレコーダーが支持を失うことがどのような結果を引き起こすか。もうちょっとよく考えた方がいいと思うんだけど。

ちなみに、タイムシフトならコピーワンス関係ないだろと思う人もいるかもしれないけど、面倒さこそが家電にとっての敵だと理解して欲しい。

6月2日に予定されていたデジタル放送番組の複製ルールを緩和する「ダビング10」が先送りされることになった。録画・複製に使われるデジタル家電に著作権料を上乗せする制度をめぐり、著作権団体とメーカーが対立しているためで、両者の溝は深く、決着のめどはみえない。メーカーはすでにダビング10対応機器を販売しているが、現行の複製1回制限を解除するにはプログラム変更などの手間が必要。先送りが消費者の買い控えにつながれば、せっかくの「北京五輪商戦」に水を差されかねない。(川上朝栄、塩原永久)

ダビング10先送りで「五輪商戦」に水? メーカー板挟み (1/2) - ITmedia News

レコーダー市場でBlu-ray対応レコーダーが販売台数の3割を占めているようだ。やっぱり早々に価格を引き下げてBlu-rayレコーダーに絞ったソニーのやり方がすばらしかったと言うことだろうか。このまま推移すれば、「せっかくだからBlu-ray」という流れに持ち込むことができると思う。

それにしても、Blu-ray陣営はよくここまでうまくやったものだと思う。俺なんかが同じ立場なら、AVCRECだとかネット動画配信だとか、そもそもハイビジョンは必要かだとか、そのあたりの火消しにやっぱり走ってしまいそうだけど、ハイビジョンとPS3で堂々とBlu-rayの次世代感を醸成し、一方で価格差を縮小して手の届く範囲にレコーダーを配置した。神懸かりとしかいえないうまさだと思う。

俺が買った6枚のBDソフトのためにもこのままうまく普及してくれるといいなあ。

ブルーレイ対応レコーダー、販売額で5割超・BCN調べ

調査会社BCN(東京・文京)は21日、DVDレコーダーの販売額に占める新世代DVD規格「ブルーレイ・ディスク(BD)」対応レコーダーの構成比が4月に初めて5割を超えたと発表した。販売台数の構成比でも3割を超えた。3月末で、東芝陣営の新世代DVD規格「HD―DVD」が撤退。規格統一に伴い、BDレコーダーの需要が拡大した。

VARDIAの新製品はHD Recに対応している。Blu-rayに対応しないことを決めてしまった以上、HD Recを指して「DVDにもHD映像を録画できますよ」とアピールすることは間違いない。

しかし、HD RecはHD DVD由来の技術であるため、他社のDVDまたはBlu-rayレコーダーと互換性が無い。さらに、Blu-ray陣営にもHD Rec同等の技術であるAVCRECがあり、HD Recが他社に採用される見込みも無い。

AVCRECに対応してBlu-rayに対応しないという選択は現実的ではないかもしれないけど、最低限、「メーカーに関わらず再生できる」ディスクを作れるようにすることが規格競争に敗れた東芝の責任じゃないだろうか。

ユーザーを軽視する仕様を採用した新VARDIAを、俺は支持できない。

このページのトップヘ