audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

タグ: うさぎドロップ

うさぎドロップ  (2) (Feelコミックス)

大吉がりんの母親に会う。正子のキャラってよくわかんないんだよな。設定は見えても背景が見えないということなのか、それとも実際こういう人がいるのに気付いてないのか。まあでも反応が変なタイプをデフォルメしたと考えたら、あんなものかもしんない。

それにしてもりんの判断基準が自分の外にあるのを見ると、小さかったころをなんとなく思い出してくすぐったいというか。

うさぎドロップ (2) (Feelコミックス)
著者:宇仁田 ゆみ
販売元:祥伝社
(2007-02-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

うさぎドロップ (1) (FC (380))

アニメの方がもうすぐ最終回なので買ってみた。全巻まとめて買っちゃうと最終回を前に全部読んじゃうだろなとは思いつつも、展開がわかっちゃうと面白くなくなるタイプの話ではないので、そろそろいいかと。

やっぱり最初の方なので絵がこなれてない感じなんだけど、いくらか読み進めればまったく気にならなくなった。このマンガの魅力は、大吉が壁を乗り越えながらいろいろな発見をしていく描写と、周りの人との関係性の描写かな。こういうストーリーは俺が一番好きなタイプだ。

りんを初めとする子供の描写はアニメの方が丁寧に描かれているかなと思うけど、動きの部分とかはやっぱり静止画と動画の違いがあるので、ここはメディアの特性を生かした好判断なんだと思う。原作の要所は外してないと思うし、いいアニメ化だね。

一方で、原作は心理描写に力が入っている。アニメではややあいまいになっていた部分も、しっかり描写されていて、アニメを見た後でもぐいぐいと引き込まれながら読み進めることができた。

うさぎドロップ (1) (FC (380))
著者:宇仁田 ゆみ
販売元:祥伝社
(2006-05-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

このページのトップヘ