audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

カテゴリ : ゲーム

無双OROCHI 2 (通常版)

PSVitaの新・三國無双NEXTがまだ序盤も序盤という感じだけど、こっちも発売されてしまったので購入。まあ、予約してたんだけど。

三國無双シリーズと戦国無双シリーズのキャラが一堂に会すお祭りソフトなだけあって、最初の面から1700KOに達する程の敵が押し寄せてくるサービス仕様に圧倒された。というか、敵が多すぎて出てきたアイテムが敵の群れの中に埋もれて見づらくなる始末。無双乱舞もかなり使い放題って感じなんだけど、いつもの癖でチクチクやってしまう。チクチクやるだけでもかなり爽快感あるんだけどねー。

今回はやっぱ真・合体技がとても良い出来で、フィニッシュはこっち側を見てポーズを決めると同時に爆発するという、あれは笑える。

悩みどころはキャラが多すぎてどう使い分けていいのかよくわからないところ。レベルに差がついちゃうのでどうしても偏ってしまう。一応、シナリオごとに推奨武将を用意したり、経験値の振り分けとかができるようになってるけど、経験値選択がシナリオ選択前しかできないので、どうせならシナリオ選択→推奨武将→経験値振り分けでスタートの仕組みとかにしてもうちょっとバランスとって欲しかったかも。

無双OROCHI 2 (通常版)
販売元:コーエーテクモゲームス
(2011-12-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

真・三國無双 NEXT

3DSと同様、PS Vitaでも無双を一緒に購入した。まあローンチタイトルだしってことで、期待はしてなかったんだけどとっても面白い。

画面のきれいさはPS3の真・三國無双6と比べたくなるほどで、ワラワラ感は向こうの方が上だけど、まあ3DSの戦国無双に比べればね……。とにかくビジュアル面では全くケチのつけようがない。

操作性も完全に無双のそれで全く違和感がなかった。Vitaのキー配置は巧みだね。素晴らしい。

今回はローンチタイトルということで、タッチやらジャイロやらを使いまくっててダメな感じかと思ったんだけど、一騎討ちのラッシュは気に入った。これは無双にあった操作だと思う。ただ、ジャイロを使った奇襲のヤツはダメだ。いきなりジャイロを使った照準合わせとそれなりに正確なポイントを求められると、テンションが下がってしまう。無双らしいと思わせてくれる要素だと良かったんだけどねー。まあ、それでもしょっちゅうあるわけではないので、許容範囲。

ストーリーについては、真・三國無双6と違って多少国盗りっぽい感じで話が展開する。カードで次の戦闘用効果を発動して、攻め込む国を選んで攻め込むと。エンパイア系はこういうのなんだろうか。

で、気になってるのはこれ外で遊べないよね?ってこと。まあ、外でアクションゲームみたいなガチャガチャやるゲームってのもアレなんだけど、急にジャイロ機能!とか、タッチしまくれ!とか、頭おかしな人だよね……。

ま、とにかくローンチとか関係なく良くできてる。ネットワーク通信時のフリーズは俺も起きてしまったけど、ゲームそのものに対する不満は全くない。フリーズ問題は早く解決しておくれー。あとCMのピロピロは笑った。



真・三國無双 NEXT
販売元:コーエーテクモゲームス
(2011-12-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

写真

いつも、つくばエクスプレスの秋葉原駅で降りて神田の勤務先まで歩いているんだけど、月、火と往復してすれちがい通信で1人も捕捉できていない。

日曜日に近所のコジマとヤマダ電機をうろついたときは1人すれ違えたので、なんかおかしいってことは無いと思うんだけどなー。

確かにJR秋葉原駅を使ったわけでも、秋葉原の中央通りを歩いたわけでも、ヨドバシに突入したわけでもないんだけど、もっと入れ食いになると思ったんだよなー。うーむ。



ARゲームズをやってみて、印象に残った場面があった。

「おい3D邪魔だなあ」って感じたんだよ。

これを感じたのは、的あてでちょっと奥の方が見えなくて、素直に頭をずらしてしまったとき。

頭をずらしても見えるわけないんだよね。ただ、頭は完全に3Dを3次元のものとして認識してるんだなって思った。だから頭をずらそうとする。

これで思ったのは、3DSの3D液晶っていうのは、現実と地続きの箱庭を作り出し、そこにあたかも現実があるような錯覚まで持たせてくれるんだなということ。地続きの仮想世界への没入感というのはたしかに今までになかった感覚だと思う。手に持っているというのも没入感の向上に寄与しているよね。

この、身体感覚的に画面の中との没入感を得られるという点は3DSにしかないわけで、今後どう活用されていくかすっごく楽しみだねー。

このページのトップヘ