audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

カテゴリ : オーディオビジュアル

レコーダー市場でBlu-ray対応レコーダーが販売台数の3割を占めているようだ。やっぱり早々に価格を引き下げてBlu-rayレコーダーに絞ったソニーのやり方がすばらしかったと言うことだろうか。このまま推移すれば、「せっかくだからBlu-ray」という流れに持ち込むことができると思う。

それにしても、Blu-ray陣営はよくここまでうまくやったものだと思う。俺なんかが同じ立場なら、AVCRECだとかネット動画配信だとか、そもそもハイビジョンは必要かだとか、そのあたりの火消しにやっぱり走ってしまいそうだけど、ハイビジョンとPS3で堂々とBlu-rayの次世代感を醸成し、一方で価格差を縮小して手の届く範囲にレコーダーを配置した。神懸かりとしかいえないうまさだと思う。

俺が買った6枚のBDソフトのためにもこのままうまく普及してくれるといいなあ。

ブルーレイ対応レコーダー、販売額で5割超・BCN調べ

調査会社BCN(東京・文京)は21日、DVDレコーダーの販売額に占める新世代DVD規格「ブルーレイ・ディスク(BD)」対応レコーダーの構成比が4月に初めて5割を超えたと発表した。販売台数の構成比でも3割を超えた。3月末で、東芝陣営の新世代DVD規格「HD―DVD」が撤退。規格統一に伴い、BDレコーダーの需要が拡大した。

VARDIAの新製品はHD Recに対応している。Blu-rayに対応しないことを決めてしまった以上、HD Recを指して「DVDにもHD映像を録画できますよ」とアピールすることは間違いない。

しかし、HD RecはHD DVD由来の技術であるため、他社のDVDまたはBlu-rayレコーダーと互換性が無い。さらに、Blu-ray陣営にもHD Rec同等の技術であるAVCRECがあり、HD Recが他社に採用される見込みも無い。

AVCRECに対応してBlu-rayに対応しないという選択は現実的ではないかもしれないけど、最低限、「メーカーに関わらず再生できる」ディスクを作れるようにすることが規格競争に敗れた東芝の責任じゃないだろうか。

ユーザーを軽視する仕様を採用した新VARDIAを、俺は支持できない。

東芝は意外と面白い方向に進むんだろうかと思っていたんだけど、新VARDIAの発表を見て見当違いだったと感じた。

面白い方向というのは、ネットワークを活用した進化のこと。Blu-rayを採用しないと割り切るなら、そっちで独自性出すしかないよなあと思っていたので、かなり期待していたんだけど、「DVDでもHD映像を録画できますよ!!」の連呼でかなり萎えた。

いや、そう言いたくなるのはわかるんだけど、「○○に対応して無くても××できますから!」という訴えで成功した事例など一度もない。大体、HD Recって東芝のプレーヤー以外で再生できないじゃん。

以前からDLNAに対応してるし、延命するならネットワークに注力するしかないと思うんだけどなあ。Blu-ray搭載の道を絶った時点で事業としてはもう衰退の一途しかないけど。

東芝、フラッグシップDVDレコーダ「VARDIA RD-X7」
株式会社東芝は、DVDレコーダ「VARDIA」のフラッグシップモデル「RD-X7」を6月中旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は16万円前後の見込み。

と、ここまで書いて今気付いた。DVD Burningに対応するのか。これ自体の是非はともかくとしてやるべきことはわかってるみたいだね。

東芝、「オンデマンドDVD」を実現した新VARDIA
株式会社東芝は、DVDオンデマンドサービス「DVD Burning」に対応したDVD/HDDレコーダ「VARDIA」の新モデル「RD-S502」と「RD-S302」を6月中旬より発売する。

えーと、なんかメリットあるのか......?と思った。

  • 「ビクターのメリット」に「統合効果でカーエレクトロニクスをビデオカメラ(カムコーダー)に次ぐ全社の第2のエンジンとしてさらに強化」ってあったんだけど、ビクターのカーエレクトロニクスってあったっけ?と思ったら国内市場から撤退済みだった......。
  • ケンウッドもビクターもパッとしない事業ばかりに見える......。
  • なんか強みのある技術あったっけ?
  • 「売り上げシナジー」の2番目が「新事業の売上創出」って、「未来の俺に期待」みたいなもんか?
  • 「両社のコア:映像、音響、無線技術を高いレベルで融合することで、デジタル・ネットワーク時代をリードし、既存の枠にとらわれない「カタ破り」な新事業を創造する。」なんだけど、そのページに載っているいくつかの機器の写真には、連携できそうなものが見あたらない。もうちょっと、「この辺こうくっつければうまくいくんじゃね?」というのが欲しい。ソニーあたりだとそんなのばっかりなんだけど。
JVCケンウッドホールディングスが10月1日設立
日本ビクター株式会社と株式会社ケンウッドは、10月1日をもって経営統合し、JVC・ケンウッド・ホールディングスを設立することで合意した。新会社の会長兼最高経営責任者には、現ケンウッド会長の河原春郎氏、社長には現日本ビクター社長である佐藤国彦氏が就任する。

前に親父がナカミチのカセットデッキ使ってたけど、まだ使ってるのかな。

ナカミチブランド製品の国内販売が5月31日で終了

ナカミチ販売株式会社は12日、5月31日をもってナカミチブランド製品の国内販売を終了すると発表した。直販サイトは4月30日で終了しているが、一部特約店では在庫製品の販売は継続される。また、アフターサービス業務は継続する。


このページのトップヘ