audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

カテゴリ : オーディオビジュアル

Blu-ray Discで使用されているコピープロテクト、AACSの正式版が策定されたらしい。映像コンテンツの供給者にとって、コピーが作成されること、そのコピーが海賊版として流通すること、Youtubeなどの動画配信サイトで垂れ流し状態になること、これらが問題となる。

そういう意味では、コピーが簡単なDVDというのは悪夢のようなメディアだったことだろう。AACSではこの問題を踏まえ、強力な暗号技術を用いると共に暗号キーを更新可能として暗号キーの流出に備えた。暗号キーが流出しても、暗号キーを更新することにより、更新後に発売されるパッケージでは流出した暗号キーが無意味となる。このため、AACSに対応した機器では、暗号キーの更新に対応するためのアップデート機能を備えている。

もう1つ。これが問題になっていたんだけど、アナログ出力制限。要するにHDMI端子またはHDCPに対応したDVI端子を搭載したテレビやディスプレイでしかBlu-rayが再生できなくなるというもの。

利用できなくなるのはD端子、コンポーネント端子(赤青緑)、S端子、コンポジット端子(黄)。まあ、普通のテレビで言うところのHDMI端子以外全部なんだけれども。もちろん、HDMI端子を搭載しているだけではダメで、HDMI端子を使ってBlu-rayのプレーヤーやレコーダーをつながないといけない。

スケジュールとしては、2010年12月31日に製造されるプレーヤーやレコーダーは今までどおり。その後に製造されるもののアナログ系の端子はSD解像度(インターレース)での出力に制限される。D端子を使っていても480iでしか出力できない。さらに、2013年12月31日より後に製造されるプレーヤーやレコーダーはBlu-rayのアナログ出力が一切できなくなる。

注意しておきたいのは、あくまでこれはBlu-rayのパッケージを再生する場合の制限であること。ケーブルテレビの外部チューナーが使えなくなるとか、Blu-rayレコーダーで録画した映像が見れなくなるとか、そういうことではない。Blu-rayのパッケージを買っていないのであれば、DVDのパッケージを買えばいままでどおりで何の問題もない。

今後、Blu-rayがDVDを完全に駆逐するという事態になるのかどうか、まあそこまでは無いだろとは思いつつも、無いと言い切れるものでもないので、テレビを買うときはHDMIが付いているものを選びましょう、そんな感じ。あわてる必要はないです。

AACSは、Blu-ray Discなどのパッケージソフト向けROM規格や著作権保護が必要な記録型メディアで採用されている著作権保護規格で、暗号化の仕組みやコンテンツ運用の枠組みなどが規定されているが、これまでは暫定ライセンスにて運用されていた。

Blu-rayの著作権保護方式「AACS」の正式版が策定 -AV Watch

HDMIって小数点以下のバージョンアップでも新機能がもりもり入ってくるので1人の消費者としては対応機器を買うタイミングに困るわ……。AVアンプとか。

デジタルインターフェイス「HDMI」の規格ライセンスなどを行なうHDMI Licensingは28日、HDMIの最新規格「HDMI version 1.4(HDMI 1.4)」を発表した。

HDMI 1.4では、新たにHDMIケーブル上でEthernet信号の双方向通信が可能となるほか、4K/2Kの高解像度映像や、3D映像信号の伝送に対応。さらに、Adobe RGBなどの広色域規格や、新たに策定されたMicro HDMIコネクタに対応するなど多くの機能強化が図られている。

HDMIの新バージョン「1.4」が規格化。Ethernet伝送も -AV Watch

こりゃすごいなあ。あと2年という状況で7000円まで来たか……。

株式会社ダイナコネクティブは、業界最小・最薄という地上デジタルチューナ「DY-STB260」を6月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6,980円前後の見込み。

ダイナコネクティブ、実売6,980円の簡易型地デジチューナ -AV Watch

この記事はひどすぎる。

アップスケーリングによるDVDの高画質再生機能はめずらしいものではない。なので、記事の組み立てが根本的におかしい。

たとえば、当の東芝が販売しているVARDIA。今ウチにあるRD-XD72D。2年前に購入した機種だけど、もちろん搭載している。HDMIでハイビジョンテレビに接続すれば、あとはDVDを再生するだけ。2年前のレビューだけど、良かったら「RD-XD72Dを買ってきたよ - audiofan.net」を参考にしてね。

また、身近なところではPlaystation 3やXbox 360も搭載している。

さらに、DVDレコーダーじゃなくて、DVDプレーヤーでも、HDMIで接続できる機種ならアップスケーリング機能を搭載している可能性がある。たとえばパイオニアのDV-410Vとか。

なので、今回の件は、「新チップでアップスケーリングが従来よりも美しくなります!」ということでしかない。

東芝は29日、現行のDVDソフトの映像を高画質で楽しめるDVDプレーヤーを年内に発売する方針を明らかにした。

高画質DVDの規格争いでソニーなどの「ブルーレイディスク」に敗れた東芝は、3月に撤退した「HD DVD」に代わる戦略商品と位置づけ、巻き返しを図る。

現行DVDを高画質再生、東芝が新プレーヤーを年内に発売 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

現行DVDを高画質再生、東芝が新プレーヤーを年内に発売(読売新聞) - Yahoo!ニュース

ダビング10が何かを理解できるユーザーは、そもそもすでにレコーダーを持っている。

......これで終わりでいいと思うんだけど、もうちょっと。

ダビング10問題が騒がれていることを不安に感じて買い控えるというユーザーなら結構いるだろうね。でもそれは「騒がれている」ことが問題であってダビング10は......なんか変な話だ。

まあでも、B-CASを使った著作権保護の仕組みはもう破綻してるんだけどね。B-CASによる著作権保護っていうのは要するに不正コピーの流通を防ぐことが目的なんだけど、フリーオのようにB-CASの運用規定を無視する機器が出回っているせいで、不正コピーを目的とする人間は生データをパソコン上で自由に扱える一方で、一般的な用途としてビデオレコーダーを買った人間は自由度が制限されるばかりか、データ消失の危険と隣り合わせの状態に置かれている。

このような現状は必ずユーザー離れを招く。利用時間の奪い合いが激化している現状で、タイムシフトの手段としてのレコーダーが支持を失うことがどのような結果を引き起こすか。もうちょっとよく考えた方がいいと思うんだけど。

ちなみに、タイムシフトならコピーワンス関係ないだろと思う人もいるかもしれないけど、面倒さこそが家電にとっての敵だと理解して欲しい。

6月2日に予定されていたデジタル放送番組の複製ルールを緩和する「ダビング10」が先送りされることになった。録画・複製に使われるデジタル家電に著作権料を上乗せする制度をめぐり、著作権団体とメーカーが対立しているためで、両者の溝は深く、決着のめどはみえない。メーカーはすでにダビング10対応機器を販売しているが、現行の複製1回制限を解除するにはプログラム変更などの手間が必要。先送りが消費者の買い控えにつながれば、せっかくの「北京五輪商戦」に水を差されかねない。(川上朝栄、塩原永久)

ダビング10先送りで「五輪商戦」に水? メーカー板挟み (1/2) - ITmedia News

このページのトップヘ