audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

カテゴリ : 音楽業界

私的録音録画補償金って結局のところ、パッケージの売り上げが落ちるから放送したものやパッケージを録音録画するなら金をよこせってことなんだよね。

最近のHDDに課金しようとかいう動きには本当にげんなりするけど、それはもちろん録音録画が関係あろうが無かろうがとりあえず取れよという姿勢についてだ。そんなアホなと思うけど、録音録画用メディアに課金するというルールの枠内で考えれば、そう思う人もいるかもね。

じゃあ、録音録画用メディアではなく、著作権を使ってビジネスをする人に補償金を課したらどうだろう。たとえば、アナログ放送はなんのプロテクトも無いから高額の補償金を課す。でも画質が良くないからちょっと割り引いてもいいかな。CDもノンプロテクトだから高額な補償金。DVDは一応プロテクトがあるからちょっと安価に。Blu-rayは結構強力なプロテクトなので結構安価に。デジタル放送はコピーワンスかコピーネバーかコピー禁止かで補償金を変更。ATRACなんてガチガチだから結構安くしてもいいんじゃないかな。

こうすれば、誤爆が無くなるし、著作権保有者も安心して使ってもらえる。

もっとも、著作物を使用してビジネスをするという段階で、使用するメディアに応じて使用料を変更すれば、補償金制度なんていらなくなっちゃうけどね......。

スラッシュドット・ジャパン | アニメは録画されると利益が減るから補償金が必要?
AV Watch の記事およびGIGAZINE の記事に詳しいが、社団法人日本映像ソフト協会(JVA)が発表した「私的録画問題に関する当協会の基本的考え方について」(資料:PDF)によると、タイムシフト目的の私的録画 (自分の好きな時間に鑑賞するための録画) は避けられないが、「何らかの損失が」映像制作者に還元されないのは正当ではないそうだ。

DRMの採用がAppleと音楽業界の力関係に影響を与えているという視点は興味深い。

ITmedia News:[WSJ] 「DRMなしMP3」での販売に踏み込むレコード会社 (1/2)
だが、Appleがほかのメーカーのデバイスで再生できる楽曲を販売したがらず、ほかのサイトで販売された楽曲のiPodでの再生を認めようとしないため、音楽企業は次第に問題を抱えるようになっている。音楽企業は、こうしたハードルがインターネットでの合法的な音楽販売に歯止めをかけるのではないかと懸念している。例えば、携帯電話企業は音楽を再生できる携帯電話を多数リリースしているが、そのほとんどはiTunes Storeで購入した音楽を再生できず、大きな可能性を秘めた新市場の妨げになっている。

現在、ネットワークからの音楽ダウンロードには3つの方法がある。それぞれのメリットとデメリットをまとめてみよう。

DRM付き音楽配信

メリット
デジタルコピーを防止できる。違法コピーのリスクを低減できるため、(理屈の上では)費用を抑えられる。

デメリット
使用するDRMに対応しないプレーヤーでは再生できない。ライセンス管理のしくみがユーザーの負担となる。

DRM無し音楽配信

メリット
ほとんどすべてのプレーヤーで再生できる。ライセンス管理が無いため、ユーザーが管理しやすい。

デメリット
デジタルコピーが可能なので違法コピー蔓延のリスクがある。

違法ダウンロード

メリット
(ユーザーは)少ない費用ででファイルを入手できる。

デメリット
著作権保有者への還元が無い。ファイルを見つける手間がかかる。

並べてみて思ったんだけど、違法コピーをばらまかれたとしてもユーザーを特定できるように、デジタルシグネチャを埋め込んだDRM無しのファイルを販売すればいいんじゃないかな。どっかがすでにやってたし。

recommended5_125x125.jpg

iTunes Music Store(iTMS)のアフィリエイトが使えるようになったのでさっそく見に行ってみたら、クリスマス用のコンピレーションアルバムが用意されていた。そのアルバムはなかなか見物で、いろんなレーベルの曲が1つにまとめられている。リストであればこんなことも可能だよなあと思うと感慨深いものがある。

CCCDの問題とか、JASRACの狂ったような徴収姿勢を見てきて、ずっと考えていたことがある。俺たちは著作物を恵んでもらっているのだろうかということだ。

CCCD反対!とか声高に叫んでも、結局はレコード会社の善意にすがることしかできないのか。日本では基本的に著作権保有者が強い。「創造のサイクル」などという言葉を持ち出して、「ぎゃあぎゃあ騒ぐなら売らないよ」ということを平気で言えてしまうのだから。

「じゃあ売らないよ」と言われたとき俺たちは何ができるのか。何もできやしない。ただ叫ぶだけだ。むなしい。むなしすぎないか。

32kbps程度の音質でしかも30秒程度だけを聴いて「試聴」と言い、DRMでギチギチに固めた映像ですら2~3日で配信が終了し、見たくも無いトップページのFlashムービーだけは延々と流れる。それが今の日本の音楽業界なのか。

高く飛ぶにはひざを曲げないといけない。そういうことであってほしいな。

Letter from Yochomachiの下に引用した文章を読んでやっぱそれは思っちゃうよなあという感想を。偏っているかもしれんけど。

俺の場合は音楽業界の中間業者が「創造のサイクル」とかいう言葉をだしてくるたびに思うことなんだけど、「儲からなくても音楽を作るやつはいるだろ」ということ。努力したって金銭的な見返りがまったく無い趣味なんてのは山ほどあるし、音楽と言うものがたまたま商売として成り立っただけだろうという感情がある。まあ、レーベルだとかJASRACだとかにたいするやっかみもあるんだろうし、こういうことは提供者側が言わないと説得力無いけど。

録音されたものはばらまいて、収入の中心がライブであってもいいんじゃねえ?というのが率直な気持ちなんだよなー。

「本を読む人は、今も昔も、全体の1割」(インスパイア社長、成毛真)
 現代は本を書いたり、それを出版したりすることで生計を立てようと考える人が増えすぎたように思う。昔からそんな仕事は旦那芸のアマチュアの仕事であった。たまたま売れて儲かったら、それこそ儲けものと考えてやる仕事だ。これは永井荷風もいっているし、モンテーニュだってそう言っていたはず。大正時代以降、日本の出版業界や作家達は大儲けしたが、いささかバブル景気に酔いしれていたように思う。荷風が言うように、小説家や文筆家を志す人はまず正業に就きなさい、小説を書くのはそれからでも遅くはない。

このページのトップヘ