audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

カテゴリ : いろいろ

GTD(Getting Things Done)はタスク管理の手法です。GTDを行うことにより、やらなければならないことがすべてリストアップされるので、自分が今何を行うべきなのかという点について、目の前の出来事やあいまいな記憶に左右されること無く決められるようになります。

GTDの考え方で興味深いのは、「脳は処理するためのものであって記憶するためのものではない」という点です。この考えから、GTDでは仕事と私生活を区別せずに、やりたいこと、やるべきことのすべてを書き出すということからはじめます。将来の目標から、現在抱えている仕事のタスク、帰りがけに買おうと思っている電池のことまですべてです。

この作業に続けて、ある規則に基づいてそれぞれの項目を分類することにより、「気がかりだったこと」がいつでも見直すことのできるものになり、頭がすっきりします。分類はそれほど難しくはありません。

今はとりあえず書き出して分類したというところなのですが、2時間かけてやることをリストアップしたあとは確かに頭がすっきりしました。やるべきことはすべて書き出したので、いつでも確認できるという安心感があります。現在はこれの分類が終わったという状態です。

さて、ここまで読んで興味を持ってもらえたら、以下のリンクを読んでみてください。GTDについてもっとわかりやすく書いてあります。

ITmedia Biz.ID:はじめてのGTD

また、GTDを具体的にイメージするには以下のリンクが役に立ちます。

ITmedia Biz.ID:写真でわかるGTD(初回編) (1/4)

ITmedia Biz.ID:写真でわかるGTD(週次レビュー編) (1/3)

ITmedia Biz.ID:図解GTD──5つのプロセスをイメージで捉えよう (1/4)

このほかのGTD関連トピックははてなブックマーク - r_iizukaのブックマーク / GTDが参考になると思います。

さて、ここまで読んでさらにGTDへの興味が増したなら、以下の書籍がオススメです。

Life Hacks PRESSは、GTDについての概要を理解するのに役立ちます。仕事を成し遂げる技術―ストレスなく生産性を発揮する方法が本家ですが、興味を持って手にとってみたときはあまりGTDのメリットを感じることができませんでした。

4774127280Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
田口 元 安藤 幸央 平林 純
技術評論社 2006-03-23

by G-Tools

「ストレスフリーの仕事術」は、なぜGTDが必要なのかという点を理解するのにもってこいです。

4576060732ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
デビッド アレン David Allen 田口 元
二見書房 2006-05

by G-Tools

GTDでは、タスクの細分化がミソであるような気がします。全体としては大変な作業でも、タスクを細分化して各個撃破していけば前に進んでいけるものです。細分化するためにも、各個撃破という選択をするためにも、タスクが見えている状態になるというのは重要に感じます。

世の中にこれほど愕然とする出来事が起こるのかと思った・・・。

これなら、Windowsもインストールできることをうたいながら、Mac OS X搭載PCの売り上げを延ばせるなあ・・・。コアなMacファンも初心者の相談に自信を持って「Mac買ってみ?いざとなったらWindowsも動かせるから」という殺し文句が使える。Macはイメージがいいから、安心して試せるというのは大きいんじゃないかな。

アップル、「Boot Camp」を公開--Intel MacでWindows XPが利用可能に - CNET Japan

アップルコンピュータは4月5日、IntelベースのMacでWindows XPの利用を可能にするソフトウェア「Boot Camp(ブートキャンプ)」のパブリックベータ版を発表した。 同ソフトウェアは現在同社のウェブサイトからダウンロードできる。

31歳にして初のギックリ腰。

当日

日曜の夕方、店の駐車場から車を出すときに、ちょっと身を乗り出しながら左右を確認しているときに発生。友人が同乗していたのでなんとか帰ってこれたけど、ちょっと身をよじっただけで激痛が走るので、交代するときに運転席から降りるのも一苦労だった。RX-8はこんなとき、車高が低すぎる・・・。

直後から足を動かしたり(痛くてもぞもぞしてただけだけど)、車から降りたあと背筋を伸ばせたり、あぶら汗をかいていないのを見た友人いわく、「症状はまだ軽いのかもしれない」ということだったけど、家に戻って一度横になったら体の向きを変えるのすら痛いし、痛くない姿勢というのも見当たらなくて、その日の晩飯を食う気にもならず、友人が湿布とともに買っておいてくれたパンを少し食べただけ(パンは友人が気を利かせて買っておいてくれたものだけど本当に助かった。)。

2日目

月曜は痛む場所が特定できるようになってきて、少しなら起き上がれるようになった。とは言ってもつねに重心を手にかけていなければならず、少しでも腰の力を使おうとすると痛みで力が抜ける状態。痛みはあるものの前かがみになったりしなければ立って動けるようにはなったのでなんとか皿とかを洗ったけど料理する気にはなれず。ただ動きすぎてそのあと痛みがぶり返してまた寝込む。

3日目

火曜はだいぶ良くなって正座しているときや寝ているときは痛みが無くなってきた。ただ、歩くときはすり足で歩かないと痛みが走る。あと、椅子に座れるようになって、こういう文章も書けるようになった。皿洗いや洗濯をして、買っておいたカット済み野菜と肉を使って豚汁を作った。こう書くとだいぶ動けるようになったと感じるだろうけど、動作のときは痛みに耐えながらという感じ。なんかするたびに横になって腰を休めた。

4日目(追記)

水曜は姿勢を維持している限りほとんど痛くなくなった。ただ、長距離の移動とかに不安があったし、明らかに直りかけだったので一応休んだ。外で歩いてみるとやっぱり短距離でも多少響く。自転車にも乗ってみたけど、少しの段差を乗り越えるだけで響く。階段の上り下りは問題なかった(むしろ平地を歩くより楽だった)。長時間いすに座ってみたけど、多少張りが出るようだ。体を少しずつ動かすべきか安静にすべきか悩んだけど、ちょっと動かしておいた方が良さそう。

5日目(追記)

木曜はついに出勤。自転車に乗ってもほぼ問題無い。ときどき痛むけど、同じ距離を歩くよりも負担は少ないと感じた。電車で座ったら立ってるよりきつかった。座席の角度はあんまり腰に優しくないらしい。会社の椅子も、座面がもっと高い方がいいなあ・・・。

昨日ドスパラに行ったときに何気なく触ったdPRO-MKB109J1(W)(2980円)。これのキータッチが非常に良かった。

メカニカル式と言えば、ガチャガチャと盛大に音を出すものだと思っていたんだけど(高級品は知らんけど)、これは机の上を指で叩く程度の音量。それだけじゃなくて、キーの押しはじめから押し終わるまでほとんど抵抗が無い上に、押し切ったときにコツンという軽いけど硬質な感触が返ってくる。これもまるで机の上を指で叩くような感触。押している最中の感触ににごった感じがしないのは驚いた。非常に軽やかに入力できる。

キーボードを買ったばっかだからさすがに買わなかったけど、これは非常に優秀なキーボード。Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000よりオススメ(苦笑)

FAQ:Intel MacでWindowsは動くのか - CNET Japan」を見たらアップル製以外のPCでMac OSを動かすことについて、「AppleがMac OSを単体では販売していないことから、合法的に他社のPC上でMac OSを動かす方法はない。すべてのMacにはいずれかのバージョンのMac OSが同梱されているため、Appleが小売用として販売している製品はアップグレード用としてライセンスされたものだけだ。」と記述されていた。

続きを読む

このページのトップヘ