audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

カテゴリ : 調べ物

iTunes Match試してみたのでメモ

・ローカルのデータは勝手に置き換えない(一旦削除ののち、ダウンロードが必要)

・マッチしたかどうかはプレイリストで「iCloudの状況」欄を表示して確認するしかない?(曲一覧では表示できないのでマッチしたやつだけいったん消してダウンロードというのができない)
・マッチした曲はローカルから消した後ダウンロードすると256kbpsのデータになる(元が320kbpsとかApple Losslessでも)つまり高ビットレートで取り込んでいる場合はローカルのデータを消してはいけない
・マッチしない場合は、高ビットレートのままで保管される
・マッチした曲をダウンロードすると「種類」が「マッチしたAACオーディオファイル」になる
・マッチした曲でも、256kbps(VBR)になるものがあり、この場合の「種類」は「AACオーディオファイル」になる
・iTunes Storeにあるものと同じアルバムであってもマッチしないことがある(10曲中9曲マッチとかもある)←ベストアルバムとかじゃないよ
・以前iTunes Storeで購入したFairPlay付きの曲はFairPlayが外れる(ビットレートが低い場合は256kbpsのものになる)
・iTunes Storeで販売終了・休止中のものはそのままで泣ける(1曲FairPlay128kbpsのものが残った……)

audiofan.net@hatena - デジタル放送のコピーワンスはデジタル録画に対するコピープロテクト」で書いた誤りを「欲望の塊 returns - 補足」にてご指摘いただいて検索。

コピーワンスであっても、S端子や映像端子などのアナログ経由でつなげばダビングできると考えていたのですが、CGMS-Aにより、コピーワンスの映像はアナログ経由であってもDVDレコーダーにダビングすることはできないということです。

CGMS-A(Copy Generation Management System - Analog)は、映像信号にコピー世代・コピー可否の管理情報をのせるもので、これに対応するレコーダは、その情報に従って動作します。したがって、アナログ経由で送られてきた映像であっても、世代を認識して録画を停止するような動作もするということになります。

続きを読む

断片部 - disabled fragments - ボキャ天大座布団欲しい!(なぜかキーワード化されない)を見て真っ先に「インパク知」を思い出したが、他のがあいまいにしか思い出せなくて検索。

フジテレビ系で放送されたタモリのボキャブラ天国において、ネタが知的かつインパクトがあるものであったことをあらわす言葉。読み方は「いんぱくち」。評価はシブイ・インパクトと、知的・バカのマトリクスになっていて、他に「バカパク」「バカシブ」「シブ知」がある。

続きを読む

このページのトップヘ