Blu-ray Discで使用されているコピープロテクト、AACSの正式版が策定されたらしい。映像コンテンツの供給者にとって、コピーが作成されること、そのコピーが海賊版として流通すること、Youtubeなどの動画配信サイトで垂れ流し状態になること、これらが問題となる。

そういう意味では、コピーが簡単なDVDというのは悪夢のようなメディアだったことだろう。AACSではこの問題を踏まえ、強力な暗号技術を用いると共に暗号キーを更新可能として暗号キーの流出に備えた。暗号キーが流出しても、暗号キーを更新することにより、更新後に発売されるパッケージでは流出した暗号キーが無意味となる。このため、AACSに対応した機器では、暗号キーの更新に対応するためのアップデート機能を備えている。

もう1つ。これが問題になっていたんだけど、アナログ出力制限。要するにHDMI端子またはHDCPに対応したDVI端子を搭載したテレビやディスプレイでしかBlu-rayが再生できなくなるというもの。

利用できなくなるのはD端子、コンポーネント端子(赤青緑)、S端子、コンポジット端子(黄)。まあ、普通のテレビで言うところのHDMI端子以外全部なんだけれども。もちろん、HDMI端子を搭載しているだけではダメで、HDMI端子を使ってBlu-rayのプレーヤーやレコーダーをつながないといけない。

スケジュールとしては、2010年12月31日に製造されるプレーヤーやレコーダーは今までどおり。その後に製造されるもののアナログ系の端子はSD解像度(インターレース)での出力に制限される。D端子を使っていても480iでしか出力できない。さらに、2013年12月31日より後に製造されるプレーヤーやレコーダーはBlu-rayのアナログ出力が一切できなくなる。

注意しておきたいのは、あくまでこれはBlu-rayのパッケージを再生する場合の制限であること。ケーブルテレビの外部チューナーが使えなくなるとか、Blu-rayレコーダーで録画した映像が見れなくなるとか、そういうことではない。Blu-rayのパッケージを買っていないのであれば、DVDのパッケージを買えばいままでどおりで何の問題もない。

今後、Blu-rayがDVDを完全に駆逐するという事態になるのかどうか、まあそこまでは無いだろとは思いつつも、無いと言い切れるものでもないので、テレビを買うときはHDMIが付いているものを選びましょう、そんな感じ。あわてる必要はないです。

AACSは、Blu-ray Discなどのパッケージソフト向けROM規格や著作権保護が必要な記録型メディアで採用されている著作権保護規格で、暗号化の仕組みやコンテンツ運用の枠組みなどが規定されているが、これまでは暫定ライセンスにて運用されていた。

Blu-rayの著作権保護方式「AACS」の正式版が策定 -AV Watch