Windows 7 RCが公開されて、最初はCドライブのVistaを残してDドライブにインストールしたんだけど、Windows 7がなかなか良さそうなので腹をくくってCドライブをフォーマットしてインストールすることにした。

Dドライブに残された「Windows」フォルダーや「Program Files」フォルダーはいらなくなったので削除しようとしたんだけど、「TrustedInstallerの許可が必要です」と表示されて削除できない。ということで、削除できる方法を調べてみた。試行錯誤しながら実行したので、不要な手順もあるかもしれないのでそこは注意を。

セキュリティの詳細設定の表示
  1. 削除できないフォルダーを含むフォルダーを開く(今回は「D:¥」の「Windows」フォルダーを削除したいので、「D:¥」を開く)。
  2. 削除できないフォルダーを右クリックして、プロパティを開く。
  3. 「セキュリティ」パネルを開く。
  4. 「詳細設定」ボタンをクリックする。
これで、「(フォルダー名)のセキュリティの詳細設定」画面が開く。

所有者の変更
  1. 「(フォルダー名)のセキュリティの詳細設定」画面を開く。
  2. 「所有者」パネルを開く。
  3. 「編集」ボタンをクリックする。
  4. 「他のユーザーまたはグループ」ボタンをクリックする。
  5. 「詳細設定」ボタンをクリックする。
  6. 「検索」ボタンをクリックする。
  7. 「Users」を選択して「OK」ボタンをクリックする。
  8. 「OK」ボタンをクリックする。
  9. 「Users」を選択して、「サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える」のチェックボックスをオンにして、「OK」をクリックする。
  10. 「OK」をクリックして「(フォルダー名)のセキュリティの詳細設定」画面を閉じる。
これで、所有者が変更される。「サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える」のチェックボックスをオンにすることを忘れないように。忘れたときはやり直せばOK。

アクセス許可の変更
  1. 「(フォルダー名)のセキュリティの詳細設定」画面を開く。
  2. 「アクセス許可」パネルを開く。
  3. 「アクセス許可の変更」ボタンをクリックする。
  4. 「Users」を選択して「編集」ボタンをクリックする。
  5. 「適用先」のリストボックスで「このフォルダー、サブフォルダーおよびファイル」を選択し、「フルコントロール」のチェックボックスをオンにして、「OK」ボタンをクリックする。
  6. 「Users」を選択して「子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える」のチェックボックスをオンにして「OK」ボタンをクリックする。
  7. 「OK」をクリックして「(フォルダー名)のセキュリティの詳細設定」画面を閉じる。

これで、アクセス許可が変更される。一覧に「Users」が現れない場合は「追加」をクリックして「所有者の変更」と同様の手順で追加すればOK。

以上の設定変更で、「Windows」フォルダーなどを削除できるようになるはず。これでもアクセス許可が求められるときは手順を間違ってるのでもう一度試してね。