「無敵の人」とはいい表現だなあ。ひろゆきは野蛮な刑罰でも……と言っているけど、一番いいのは、ひろゆきが指摘しているとおり、社会的信用の失墜を恐れてくれるようになること。つまり、社会からドロップアウトさせないようにすること。

以前は国全体としても企業としても余力が残されていたから、そのあたりを使って何とかやってこれたけど、今はその余力を食い合っている状況で、手は出さないが金は出すということができなくなっている。

年金問題とか、後期高齢者医療制度問題とかで、若者から高齢者への所得移転について言い争っていれば良かったのはついこないだなんだけどな。治安が下がってしまうとなると、そうも言ってられないよなあ。

とにかく金が無い、と。そしたら体動かすしかないよねえ。

無敵の人は気が向いたときに社会を混乱させることが出来ますが、無敵の人が社会を混乱させる前に無敵の人を止めることは誰にも出来ないんですよね。

3回刑務所に入ったら死刑とか、野蛮な刑罰のような気がしますけど、こういったルールでも作らない限り、現状には対処出来ないんじゃないかなぁ、、と思う昨今です。 無敵の人の増加。 : ひろゆき@オープンSNS