著作権保有者の家族や孫の生活は著作権によって守られなければならない(松本零士や三田誠広の主張)のに、なんで世界の発展に貢献している技術者などの生活は自己責任で守らねばならないのかということは思っていたけど、id:cloudlandのような指摘は思いつかなかった。とてもうまい。

今や著作権の権利団体は、技術の恩恵を勝手に掠め取る、技術開発に対するフリーライダーになりつつあるのではないだろうか。著作権者は、コンテンツを勝手に流通させる「フリーライダー」を批判する。しかし、著作権者は消費者の自由度の拡大に何も貢献していないにもかかわらず、その対価を取ろうとしている。そういう意味で、彼らもまた技術を進歩させてきた人達の努力にただ乗りしようとしているのだ。

フリーライダーは著作権の権利者のほうではないのか? - 雲の向こう側