中国国旗一色の聖火リレーを見ていると、中国は抜けているなあと感じる。

木走さんが指摘するとおり、聖火が中国国旗で囲まれる映像を見て北京オリンピックへの期待をふくらます人なんていないと思う。わざわざ他国を中国国旗一色にするなど、他国に対する威圧以外の何者でもない。

どうせなら、オリンピック参加国の旗を一通りそろえて色とりどりにしてしまえば、チベットの国旗が目立つこともなく、絵的にも見栄えのするものになったんじゃないだろうか。

今の中国は虚勢を張るので精一杯なんだろうか。

異国の地の自国留学生達を大量動員(中国政府は認めていませんが私はウラで政府が調整していると強く疑っております)して、聖火が通る沿道を五星紅旗と中国人で埋め尽くし、とりあえず頭数で少数分子を圧倒し彼らの主張を封印してしまうという、この前時代的行動をとる中国という国家の特異性が、この異様な「聖火護送」の映像が世界各国に配信されることにより、晒されているのであります。

『聖火による市中引廻の刑』?晒されているのは中国という国家の特異性 - 木走日記