びっくりした。

こういう人たちとは、文化とは何かという定義から議論しなきゃいけないんだろうか。

とりあえず「消費できるものは文化ではなく商品です」とだけ言わせてもらおう。

「文化の視点で補償金制度の見直しを考えてもらいたい」と語るのは、日本音楽著作権協会(JASRAC)常務理事の菅原瑞夫氏。「権利者は文化の担い手だが、文化を享受する国民は、単に文化を消費するだけでなく、文化の後援者であるべき。そこには、経済的なスポンサーシップも必要になる」

権利者団体が「Culture First」宣言、文化保護で補償金の拡大求める