この事件で掲載された同型扇風機は懐かしいデザインだったね。けど、現役で使われているということには違和感を持たなかった。古い定食屋とかでは異音を発しながらも風を送ってくれる扇風機を見かけるしね。

一方で、30年前という言葉だけ聞くとさすがに淘汰されているだろうという感覚があるのも確か。数字だけの話だと、5年前でも遙か昔に感じることはある。

考えてみれば今使っている扇風機は学生時代に買ったものだから、もう10年は経っているのか。首のホールドが弱くなっている気はするけど、このまま使うと確かに20年くらいはいってしまいそうな気がする。

三洋電機製の「古い」扇風機で起きた火災事故は,筆者にとっていろいろな意味で衝撃的だった(Tech-On!の関連記事)。「たとえ扇風機でも出火すれば死に至るような火災に発展するんだ」とか「30年以上も前に製造された扇風機を使っている人って数千単位でいるんだ」など,そういう驚きである。しかし,この一連の騒動から学ぶべきことも多そうだ。

扇風機事故から何を学ぶか - 日経ものづくり - Tech-On!