中国、韓国、フィリピン、タイあたりからの送信を受け付けないようにするだけで日本語のスパムが激減するので、Gmailにはそのあたりの実装を期待したい。

ソフォスは22日、2006年の1年間におけるマルウェア(悪意のあるソフト)のホスティングサーバおよびスパムメールの送信国ワーストランキングを発表した。これによると、マルウェア全体の1/3がアメリカのWebサーバで検知されたのに加え、配信されたスパムの最多送信国もアメリカとなっている。

迷惑メールの3分の1はアメリカから送信 - ソフォスの2006年調査:Enterprise:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2007/01/22