ダビング10が何かを理解できるユーザーは、そもそもすでにレコーダーを持っている。

......これで終わりでいいと思うんだけど、もうちょっと。

ダビング10問題が騒がれていることを不安に感じて買い控えるというユーザーなら結構いるだろうね。でもそれは「騒がれている」ことが問題であってダビング10は......なんか変な話だ。

まあでも、B-CASを使った著作権保護の仕組みはもう破綻してるんだけどね。B-CASによる著作権保護っていうのは要するに不正コピーの流通を防ぐことが目的なんだけど、フリーオのようにB-CASの運用規定を無視する機器が出回っているせいで、不正コピーを目的とする人間は生データをパソコン上で自由に扱える一方で、一般的な用途としてビデオレコーダーを買った人間は自由度が制限されるばかりか、データ消失の危険と隣り合わせの状態に置かれている。

このような現状は必ずユーザー離れを招く。利用時間の奪い合いが激化している現状で、タイムシフトの手段としてのレコーダーが支持を失うことがどのような結果を引き起こすか。もうちょっとよく考えた方がいいと思うんだけど。

ちなみに、タイムシフトならコピーワンス関係ないだろと思う人もいるかもしれないけど、面倒さこそが家電にとっての敵だと理解して欲しい。

6月2日に予定されていたデジタル放送番組の複製ルールを緩和する「ダビング10」が先送りされることになった。録画・複製に使われるデジタル家電に著作権料を上乗せする制度をめぐり、著作権団体とメーカーが対立しているためで、両者の溝は深く、決着のめどはみえない。メーカーはすでにダビング10対応機器を販売しているが、現行の複製1回制限を解除するにはプログラム変更などの手間が必要。先送りが消費者の買い控えにつながれば、せっかくの「北京五輪商戦」に水を差されかねない。(川上朝栄、塩原永久)

ダビング10先送りで「五輪商戦」に水? メーカー板挟み (1/2) - ITmedia News