えーと、なんかメリットあるのか......?と思った。

  • 「ビクターのメリット」に「統合効果でカーエレクトロニクスをビデオカメラ(カムコーダー)に次ぐ全社の第2のエンジンとしてさらに強化」ってあったんだけど、ビクターのカーエレクトロニクスってあったっけ?と思ったら国内市場から撤退済みだった......。
  • ケンウッドもビクターもパッとしない事業ばかりに見える......。
  • なんか強みのある技術あったっけ?
  • 「売り上げシナジー」の2番目が「新事業の売上創出」って、「未来の俺に期待」みたいなもんか?
  • 「両社のコア:映像、音響、無線技術を高いレベルで融合することで、デジタル・ネットワーク時代をリードし、既存の枠にとらわれない「カタ破り」な新事業を創造する。」なんだけど、そのページに載っているいくつかの機器の写真には、連携できそうなものが見あたらない。もうちょっと、「この辺こうくっつければうまくいくんじゃね?」というのが欲しい。ソニーあたりだとそんなのばっかりなんだけど。
JVCケンウッドホールディングスが10月1日設立
日本ビクター株式会社と株式会社ケンウッドは、10月1日をもって経営統合し、JVC・ケンウッド・ホールディングスを設立することで合意した。新会社の会長兼最高経営責任者には、現ケンウッド会長の河原春郎氏、社長には現日本ビクター社長である佐藤国彦氏が就任する。