実演家著作隣接権センターの椎名和夫氏は確かに、コピーワンスやスクランブルは権利者のあずかり知らぬところで導入された制度だと、これまでも指摘してきた。

しかしなあ、フーリオが出てきただけで、ここまで風向きが変わるかなー。「王様は裸だよ!」と指摘してくれる子供はフーリオだったのか!って言いたくなるよね。

それにしても、フーリオの、B-CASの仕組みを根底から台無しにする仕様を知ったときは皮肉のスパイスが効きすぎてて胸焼けしたけど、それ故にここまで話が大きくなったのかな。プロテクトを破ったとかそういう手段じゃなくて、プロテクトを無視だもんなあ。ドアに鍵じゃなくて無断立ち入り禁止の張り紙張ってたら、普通にドアを開けられて立ち入られたみたいな。

デジタル放送の暗号化に疑問の声が相次ぐ、総務省の検討委員会

現在のデジタル放送は、スクランブルがかけられた放送波をチューナーで受信し、チューナーではB-CASカードによりスクランブルを解除した後、出力時に再度DTCPやCPRMといった暗号化を施すという仕組みとなっている。スクランブルの解除に必要となるB-CASカードは、こうした仕組みを守っていると認定された機器にのみ発行されるため、スクランブルの解除は困難であるとされてきた。