スターティングメンバーは、メッセージ性の強いものだった。守備での貢献が非常に評価されている福西に代えて攻撃面を評価されることの多い稲本。FW2枚の入れ替えも決意を感じさせたし、ヘディングの強い巻と動き回る玉田は、役割分担が明確に見えてよかった。ジーコは適切な手を打ったと思う。ブラジル相手に最低2点差での勝利という目標を達成するには、バランスを崩してでも前掛かりに行くというメッセージを大げさにしてでも伝える必要があったと思う。

試合が始まったとき、前線と中盤はそのメッセージをきちんと受け止めていたことはすぐにわかった。前掛かりでいつも以上に動き回っていた。しかし守備陣はいつものとおりの位置にポジションを取っていた。なんでもっと押し上げないのかが理解できなかった。守備陣が押し上げないと広く開いた中盤の運動量はより大きくなり、終盤の失速に繋がる。明らかに最初から飛ばしている今日の中盤を見ればなおさらだ。

今日は宮本がいないので守備陣がひたすら押し上げるという戦法が可能になると考えていた。だから裏を取られて大量失点するの覚悟で川口の神がかり的なセービングに賭けるんだと思っていた。でも今日のブラジルは前掛かりな中盤といつもどおりの守備陣の間に空いたスペースをうまく使って試合をしていた。それが残念だった。

でも三都主と玉田の連携は良かったよね。1-0になっていろいろ考えてたら涙が出そうになったよ。