audiofan.net: HDアナログ出力制限は実装すれど使用せずで取り上げたHDアナログ出力制限問題だけど、ピンと来ていない人もいるかもしれないので基本的なところからおさらいしてみよう。

D端子はデジタル接続ではない

根強く誤解されている気がするのがこの点。アナログなんです。S端子の立派なヤツがD端子であり、アナログ接続でHD(ハイビジョン)映像を扱えるのはD端子だけと言ってしまうと話がシンプルになる。(コンポーネント端子もHD映像を扱えるけど、そもそもコンポーネント端子を改良して取り回しを容易にしたものがD端子である。)

詳しく知りたい方はAsahi Satellite Pageを見ていただきたい。

D端子がアナログであることがわかれば、HD時代はアナログ接続のスタンダードがD端子であり、デジタル接続のスタンダードがHDMI端子であるということになり、テレビ購入検討時には両方の端子を備えていることを必要条件に加える必要があると理解してもらえると思う。

SD映像とHD映像

映像の種類を大きく分けると「SD映像」と「HD映像」の2種類になる。SDとはStandard Definition(標準解像度)、HDとはHigh Definition(高解像度)だ。SD映像は現行の地上アナログ放送やDVDの品質であり、HDはいわゆるハイビジョンの品質である。

細かく言うとSD映像は「480i」と「480p」のことで、HD映像は「1080i」と「720p」、「1080p」のことだ。この数字の意味だけど、数字の部分が縦方向の画面解像度、iとpが「インターレース走査」と「プログレッシブ走査」を意味する。インターレース走査っていうのは1つ飛ばしで描画する方法で、480iだと、1回の描画に240本しか使わない。なので、変な表現だけど480iは「擬似480(実質240)」、480pは「真の480」と言えばわかりやすいかも。ちなみに現行の地上アナログ放送は480iだ。また、DVDはプレーヤーの対応によるけど480pで出力できる。

D端子の規格

D端子にはD1からD5までの種類がある。それぞれ、D1は「480i」まで、D2は「480p」まで、D3は「1080i」まで、D4は「720p」まで、D5は「1080p」まで扱える。D3とD4が逆じゃないの?と思うかもしれないけど、上で説明したとおり「i」は実質的に「p」の半分の解像度なので、そう考えれば正しくならんでいることがわかると思う。

ちなみにS端子や黄色でおなじみのコンポジット映像端子が扱えるのは480iまでである。S端子やコンポジット端子はSD映像しか扱えないということだ。(S端子は480pまでと書いていましたが誤りです。失礼。)

マクロビジョン信号の穴

市販のビデオやレンタル用のビデオにはダビング防止の仕組みが導入されているのはご存知だと思う。いわゆるアナログ出力経由でのコピープロテクションである「マクロビジョン信号」だけど、これは480pまでしか対応していない。1080i、720p、1080pは対象外ということで、今のところコピーを防止する手段がない。じゃあどうする?というのがHDアナログ出力制限問題だ。

HDアナログ出力制限問題の結論

コピーを防止する技術が無いという現実を踏まえて議論されたわけだけど、結局野放しにするか、1080i、720p、1080pではアナログで出力できないようにするかの2択になってしまった(一応、HD映像を出力できるようにするかどうかはソフトごとに設定できる。)。アナログで出力できないようにするとなると、HDMI端子を装備していないテレビは、いくらすばらしいものでもSD品質でしか外部機器の映像を表示できなくなってしまうことになる。そして、すでにHD対応テレビは世の中に出回っているというのに、HDMI端子を搭載しているものは未だに大画面のものが中心だ。問題でしょ?

結局、今回の結論としては「出力できないようにする仕組みを組み込んだ上で使用はしない」ということになった。まあ、「爆弾は仕掛けたけど爆発はさせないから安心して」ということだ。どうなんだろうねえ。

おまけ:デジタル出力のプロテクト

デジタル出力の方は、対応機器同士で認証してから伝送を行う、HDCPという仕組みが導入されている。このため、信号は常に暗号化されており、プロテクトはバッチリというわけだ。デジタル端子にはHDMI端子とDVI-D端子がある。HDMI端子の方はたぶんすべてHDCPに対応している。だけど、DVI-D端子はHDCPに対応しているかどうかが機器ごとに異なる。というか、PCで使われているDVI-D端子を家電用に仕立て直したのがHDMI端子なので、家電に搭載されているDVI-D端子というもの自体がマイナーな存在であり、HDCP対応というのはちと考えにくい。デジタル出力では、HDCPに対応していないと問答無用ではじかれることになるので注意が必要だ。

ちなみにPC用ディスプレイも今後はHDCPへの対応に気をつける必要が出てくる。仕様を注意深く確認するとわかるけど、すでにHDCP対応DVI-D端子を持ったPC用ディスプレイは存在している。HDCPに対応してないとHD DVDやBlu-rayのビデオをPCで見れないという状況になると思うので注意しよう。