追記:Firefox 7に対応した記事を書きました。


Firefoxのバージョンが1.5になり、それなりに変更があったようなので、私がFirefoxをインストールする時の設定を再確認してみたいと思います。

Cookieを有効にするが、保存期間はFirefoxを閉じるまで

ツール→オプション→プライバシー→Cookie→Cookieを有効にする→オン(標準設定)

ツール→オプション→プライバシー→Cookie→Cookieを保存する期間→Firefoxを終了するまで

個人的にはFirefoxの一番の魅力です。Cookieを有効にしていないといろいろと不便になるサイトはよくあります。なので、有効にしてあげるけどFirefoxのウィンドウを閉じたら全部消しますよと。ウィンドウを閉じてもCookieを残しておいてあげたいサイトは、例外サイトで許可してあげればOK。

最小フォントサイズを12ポイントに設定する

ツール→オプション→コンテンツ→フォントと配色→詳細設定→最小フォントサイズ→12pt

Firefoxでは、最小フォントサイズの設定が可能です。世の中には、米粒に書き込んだかのようなサイズの文字を使ってページを作る人がいますが、文字は読まれてナンボですので、12ポイントより小さい文字は強制的に12ポイントで表示します。

JavaScriptを有効にするが、一部の機能は使わせない

ツール→オプション→コンテンツ→JavaScriptを有効にする→詳細設定

これはかなりよいです。オフにすると禁止になります。

  • 「ウィンドウの移動または大きさの変更→オフ」

    Flashを使ってるサイトとかで勝手に変えようとするんですよねえ。IEだと変えられたサイズをウィンドウが記憶しちゃうんで困ってたんですよ。

  • 「ウィンドウのフォーカスを切り替える→オフ」

    たまにありますね。オフです。

  • 「コンテキストメニューの無効化または変更する→オフ」

    まあ、メニューを使われたくないこともあるんでしょうが、その事情にこちらが付き合う必要は無いので。

  • 「ステータスバーのないウィンドウを開く→オフ(標準設定)」

    ステータスバーの無いウィンドウなんて考えられないですよ。あやしいと思ったときに、リンク先を確かめるのが面倒になりますから。

  • 「ステータスバーのテキストを変更する→オフ(標準設定)」

    一時期、文字をスクロールさせたりするのがはやりましたけどね。ステータスバーには重要な役割があるので変更されたくないわけです。

フォーム情報の保存をオフにする

ツール→オプション→プライバシー→フォームデータ→Webページのフォームや検索バーで入力した内容を保存する→オフ

URLのオートコンプリートならいざ知らず、フォームに入力する程度の文字量なら、オートコンプリートで表示されたものが適切かどうか判断するよりも自分で打ったほうが早いので、オフにします。

ダウンロード履歴をダウンロード終了時に削除する

ツール→オプション→プライバシー→ダウンロード履歴→ダウンロード履歴を自動的に削除するタイミング→ダウンロード正常終了時

ツール→オプション→ダウンロード→ダウンロードマネージャ→すべてのダウンロード完了時にダウンロードマネージャを閉じる→オン

ツール→オプション→ダウンロード→ダウンロードフォルダ→すべてのファイルをこのフォルダに保存する→デスクトップ(標準設定)

ダウンロードが終了したかどうかは、ダウンロードしたものが指定した場所にあるかどうか見ればわかるので、終了と同時に削除するように設定します。あわせて、ダウンロードは常にデスクトップに行い、ダウンロードが終了したら、ダウンロードマネージャウィンドウは閉じるように設定しています。

QuickTime MovieやPDFをブラウザ内で表示しないようにする

ツール→オプション→ダウンロード→ダウンロード時の動作設定→動作設定の表示と変更

QuickTime Movieの初期設定は、Firefoxのウィンドウ内で再生するように設定されていますが、リサイズなどができないので不便です。動作設定をすることで、プラグインではなく、外部アプリケーションで表示することが可能になります。PDFはAdobe Readerの設定でもブラウザ内に表示するかどうかを設定できますが、こちらでもできます。

新しいウィンドウはタブとして開く

ツール→オプション→タブ→新しいウィンドウを開くリンクは次の場所に開く→新しいタブ

Firefox 1.5の新機能ですね。以前はこの設定のためだけにTabMixを使用していましたが、拡張機能無しでできるのはうれしいです。でも、タブをダブルクリックで閉じれないのは痛いなあ・・・やっぱりTabMix入れるかなあ。(Tab Clicking Optionsで解決しました!)

また、標準の設定では上記の設定でもJavaScriptのリンクのときに新しいウィンドウで開いてしまうことがありますが、Another 朝顔日記 - window.open() の挙動によると、アドレスバーに「about:config」と入力してコンフィグ画面を表示し、「browser.link.open_newwindow.restriction」の値を「0」にすればOKとのことです。

Ctrl+クリックで開いたタブを前面に表示する

ツール→オプション→タブ→リンクから開いたタブを前面に表示する→オン

私は見たいページを1つずつ開くのが好きなので、Ctrlキーを押しながらリンクをクリックしたときに、そのページが前に出てきたほうが都合がいいです。

おまけ:Firefoxをインストールしたら入れる拡張機能

  • CustomizeGoogle

    Googleのページをいじって他の検索サイトへのリンクを追加したり、GMailにHTTPSで接続するようにしたりしてくれます。便利。

    CustomizeGoogleを日本人が使いやすくするためのカスタマイズ方法を掲載しました。

  • Google ツールバー

    検索ボックスを、Firefoxの標準の検索ボックスと並べて使ってます(実際の画面)。Firefox標準の検索ボックスはWikipedia専用にします。

    Googleツールバーの検索ボックスだけを使用するには、FirefoxのツールバーカスタマイズでGoogleツールバーの検索ボックスをFirefoxの標準の検索ボックスの横に移動し、ツールバーのメニューでGoogleツールバーを非表示にすればOKです。

  • BloglinesToolkit

    Bloglinesに未読の記事があると表示が変わって知らせてくれます。

  • SearchStatus

    現在表示しているページのGoogleやAlexaでのランクを表示してくれたり、Internet Archiveへのショートカットを提供してくれたりします。便利。

  • Autoclose Bookmark&History Folders

    ブックマークサイドバーでフォルダを開いたときに、他のフォルダを自動的に閉じてくれます。IEと同じ挙動ですね。前はBXを使っていましたが1.5で動作しないため、トラックバックをいただいた「SmallStyle - Firefoxをインストールしたらまず行う設定」で紹介されていたこれに乗り換えました。

  • Tab Clicking Options

    タブをクリックしたときの動作を設定できます。ダブルクリックで閉じれるようになります!

  • Copy URL+

    今見ているページのURLやタイトル、選択文字列などをクリップボードに入れてくれます。便利!カスタマイズ方法はplant4 - Firefox拡張copyurlplusのメモが参考になります。

おまけその2:検索プラグイン

検索プラグイン登録用のスクリプトはHow to add search engines in Firefox - e.g. LEO dictionary - troubleshootingを参考にしました。

こんなところかな。