PSP「プレイステーション・ポータブル」ギガパック セラミック・ホワイト(PSP-1000G1CW)

昨日のロケーションフリー使用例を見ていてもたってもいられなくなり、結局PSPギガパックを買いに行ってしまった。ロケーションフリーベースステーションは買ってないけどね。同時購入のゲームはみんなのGOLF ポータブル。ただ、風呂場でPSPを活躍させるのに必要なCYBER・ウォータープルーフケースが手に入らない。とりあえずジップロックフリーザーバッグで代用(写真)して、ビデオ中心で遊んでみることにした。

購入について

素のPSP、バリューパック、ギガパックが売られているけど、バリューパックに付いてくるメモリースティックは32MB。セーブデータ保存用にしか使えないのでオススメしない。そういうことで素のPSPと迷うところだけど、MS PRO Duo 1GBが約1万円で売られているので、それに加えてUSBケーブル、ポーチなどがついてくるギガパックを選ぶのが妥当に思える。

ビデオを見てみる

PSP用ビデオファイルの作成は携帯動画変換君を使った。設定を選んでファイルを放り込むだけ。簡単。できたファイルは、メモステのルートフォルダに「MP_ROOT」を作成し、その中に「100MNV01」というフォルダを作成、で、そのフォルダに放り込めばいい。

設定はいろいろ選べるけど、QVGA,15fps,512kbpsが最適だと思う。画像の破綻も無い。でも、この設定だと30分程度の動画で90MBくらいになったりするのでちとでかい。その下には384kbpsと216bpsがあるけどこの2つは大差ない気がする。サイズは小さくなるけど、やっぱり荒い。あと30fpsはやっぱりファイルがでかい。

フォルダを監視して自動的に変換してくれるAFTAPというソフトもあるみたい。まだ試してないけど便利そう。

WWWブラウザを使う

ついにAirMac Expressベースステーションの無線機能が役に立つときが来たのである。今まではiTunesレシーバーとしてしか使えてなかったからなあ・・・。

さっそくaudiofan.netを開いていたわけだけど、ひどい表示な上にスクロール(□を押しながらアナログパッドまたは方向キー)がまともにできなくて頭を抱えてしまった。表示の方は表示から表示モードを「スマートフィット」にすれば改善される。スクロールの方は、スクロール中にポインタがアンカー部分に引っかかっていることがわかった。とりあえず、ポインタを画面の端に移動させてからスクロールするようにしたら期待通りの動きをするようになった。

風呂場へ!

まずは無線LANの実験。AirMac Expressは南の端、風呂場は北の端にあり、途中には扉が2つある。この状況では届かないと思ってたけど、試してみるとまったく電波強度が衰えていない。すげえな無線LAN。ということで、ロケーションフリーの導入に支障が無いことがわかった。風呂場でFlickrを見ることもできるね。

さて、お湯を沸かして風呂に入ってみた。再生開始である。ジップロックが有効であることはすでにゲームボーイアドバンスで実証済み。ビデオを再生してみると、音が聞き取りづらい。換気扇で低音部分が消されるのと、PSPの外部スピーカーがもともと高音がキンキンいうというのが悪い方向に働いている。もっと音量上げられたらなあ。でも、なんとか見れる。のぼせたけど。

音楽

音楽ファイル(.mp3または.mp4)を、メモリースティックのルートフォルダにあるPSPフォルダに「MUSIC」というフォルダを作成して放り込めばOK。「MUSIC」フォルダの下には1階層だけフォルダを作成できる。iTunesで作成される.m4aは、拡張子を.mp4に変えれば再生可能。ただし、曲名などのデータは拾ってくれない。ヘッドホンで聴いたときの音質はiTunesと大差ない。

ちなみに、iTunesとPSPを同期するPSPSyncというソフトが公開されている。使ってみたけどうまく動かなかったので紹介にとどめる。

結局

買ってみると意外と使える気がしてきた。周りの人には散々ボロクソに言ってきたのに!みんゴルも面白いしね。

PSP「プレイステーション・ポータブル」ギガパック セラミック・ホワイト(PSP-1000G1CW)
販売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:2005-11-17
おすすめ度:3.5
クチコミを見る