先日、デジタル機器の購入についていろいろ気をつけなきゃいけないんだなあと自覚したところですが、テレビもそうだったことがわかってきました。選択によっては、高画質コンテンツを見ることができなくなってしまいます。鍵は端子にありますので、ハイビジョンでの出力が可能な端子についてまとめてみました。

D端子・コンポーネント端子

HD DVDやBlu-ray、ハイビジョン放送などの高画質コンテンツについて、D端子およびコンポーネント端子では標準画質(現行のテレビやDVDの品質)でしか伝送できなくなる可能性があります。この場合、高画質コンテンツは標準画質にダウンコンバートされて出力されます。

DVI-D端子

HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)に対応していないと、高画質コンテンツが伝送できなくなります。HDCPに対応していない状態で出力するには標準画質にダウンコンバートする機能が必要です。

HDMI端子

通常HDCPに対応しているので、高画質コンテンツをきちんと伝送できるはずです。

まとめ

以前、HDMI端子に対応したものを選ぶことを「できるだけ」と書きましたが、間違いでした。「必須」です。俺のように液晶なんて高くて無理!って方には選択の余地はありませんが、高いテレビを買うなら、必須です。HDMIが無いとせっかく高い金を出したのに、つないだ機器の映像を標準画質で見ることになります。

ところで、政府は2011年に現行のアナログ放送を終了するなんて言っていますが、この先、政府が選びうる選択肢は、「終了を延期する」か、「受信機をただ同然で配る」しかありません。そして、きっと後者が選ばれることでしょう。「110度CS放送に契約するとただで受信機がもらえる(ついでに地上デジタル、BSデジタルも見れる)」とかの現象が起きるわけです。世間では1万円のテレビが売れていると言うのに、デジタルチューナーは5万はしますからね。まあ、ただで手に入るは無いにしても、何かの契約とセットで格安で手に入るとか、一定期間のレンタル後に手に入るというのはあるでしょうね。それが、地上デジタルを見るための「裏技」として注目を浴びるわけです。

結論としては、現行のテレビが壊れてなければ待ったほうがいいです。今は状況が変化しすぎています。買わないといけない理由があって、金をかけるならHDMI対応、かけないならブラウン管、この2択ですね。