BigBang: 驚いちゃったよ----ちゃっかりRSS」が面白かった。blogmapでのRSSの使われ方ってのは、俺は全然問題ないんだけど、いいとこ取りをされていると感じる人がいることは納得できた。

RSSにcontent:encodedを追加」でも書いたけど、blogmapでは配信されているRSSを見てリンクの情報を抜き出している。リンクの情報のうち、AmazonへのものについてはASINだけを抜き出して保管しているようだ。こうすることで、特定の記事や商品に言及しているページを一覧できるようにしているわけだ。

基本的に今回の件はアソシエイトIDをなくすってことで決着できそうだけど、あのページにAmazonへのリンクをずらずら並べるのは意味があるのかなっていう気はする。たとえばその商品が、どのエントリで言及されたのかぐらいは合わせて見れたほうがいいように思う。もっとも、siteinfoは検索しないと出てこないからそのサイトの作成者以外はほとんど見ないと思うので、サイト作成者側への実害もないとは思う。ただ、そういう理屈ならAmazonへのリンク一覧はいらないか。

話は変わるけど、問題のあるRSSの使われ方といえばpaipo.jp。bloglinesと同じくWebベースのRSSリーダーを提供しているんだけど、RSSを整形して読めるようにしたものが、会員じゃなくても読めてしまう。しかも、googleでそのページが検索できてしまうというからたいへんだ。audiofan.netではエントリの全内容をRSSに乗っけてるので、まるでaudiofan.netのトップページみたいに表示されてしまう。これっておかしいでしょ。

とりあえず会員にしか見えないようにするか、googleとかから拾われない工夫をしてくれとメールを送ってみたけど、2週間以上たっても返事は無し。仕方ないので「PAIPO-bot」という名前でロボットが動いていることを確認して、それをはじくようにした。なので、PAIPO READERではaudiofan.netの更新情報を確認できないです。