GREEN(1) (講談社コミックスキス (263巻))

NHKが深田恭子主演でドラマ化したマンガです(そのドラマは見てない)。NHKで農家とくれば朝の連ドラ的なさわやか青春ストーリーを、深田恭子といえば下妻物語の天然系キャラをそれぞれ連想せざるを得ないわけで、それゆえ、天才ファミリー・カンパニーを先に買ったのですが、やっぱり読みたいもんは読みたい!ということで買ってまいりました。

でですね、前述したイメージと全然違うわけですよ。ドラマはどんな風に作ったんだろ。主人公のワコは最初下心アリアリなんですが、深田恭子か・・・。素直な性格にしちゃったら面白みなさそうだしなー。

さて、マンガの方はワコがキャンプ場の近くで会った誠に一目ぼれしてそのまま居つく・・・みたいな感じなんですが、4巻と短いせいか田舎っぽいエピソードの羅列に終わってしまっている印象を受けました。面白いんですけど、話が変わったら数ヶ月一気に飛んじゃってワコが普通に農作業をやってたりしてて、成長したなーという実感がわきにくいとか、なんかあっさりした感じ。二ノ宮ファンなら買って後悔しないと思いますが、これだけを読んでのだめカンタービレや天才ファミリー・カンパニーに手を出さないとなるともったいないです。

ところで、表紙と中身のキャラクターの絵柄が全然違うのはなぜだろう・・・。(特に第1巻)

GREEN(1) (講談社コミックスキス (263巻))
著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
(2000-01-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

GREEN―農家のヨメになりたい (1)  GREEN―農家のヨメになりたい (2)  GREEN―農家のヨメになりたい (3)  GREEN―農家のヨメになりたい (4)