いつもいつも同じパターンですが、AirMac Express ベースステーション with AirTunesを我慢しきれずに買ってきてしまいました。しかも、調子に乗ってAirMac Express Stereo Connection Kit with Monster Cablesまで。

さっそくネットワークに加えてみようとしたのですが、AirMac Expressアシスタントによる設定はうまくいきませんでした。しょうがないのでAirMac管理ユーティリティでちまちまと設定しました。ただ、コンセントに差し込んでネットワークケーブルと音声ケーブルをつなぐだけ、という簡単な接続はさすがアップルと思わせるものでした。

さて、本命のAirTunes。iTunesでAirMac Expressをスピーカーに指定して再生するだけ。AirMacを探してくれない場合は、設定のオーディオパネルで探さない設定になっているかもしれません。音はiPodをアンプにつないだような感じになるかと思いましたが、かなりしっかりしたものが出てきます。これは意外でした。SPDIFによるデジタル接続も可能なので、D/Aコンバーターがあればまた楽しそうです。

ただ、致命的な欠陥もあります。PCの負荷によるものかどうかわからないのですが、テンポが一瞬はやくなることがあります。iTunesでは、「Apple Lossless」という可逆圧縮形式もサポートしているので、CDから吸い出したままのデータを直接DAコンバーターまで送ることもできますが、これではちょっといただけないです。早急に改善して欲しいですね。

ところで・・・。

アップル - サポート - TIL
質問:必要の無い場合は、AirMac Express の電波を完全にオフにすることはできますか?
答:電波の到達範囲を狭めることはできますが、完全にオフにすることはできません。予期しないアクセスを避けるためにはワイヤレスセキュリティ機能をご利用ください。
やっぱり、AirTunesだけのために買う人って他にもいるのね・・・。

AirMac Express ベースステーション with AirTunes

AirMac Express Stereo Connection Kit with Monster Cables