audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

2012年03月

うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)

気がついたら出てた番外編。短編集に最終巻のその後もあるらしいってことで昼休みに買ってきて、そこだけ読んだらなんかニヤニヤしてしまってこれはまずいってことで帰ってから残りを読んだと。

その後もよかったけど、日常話もいいね。肩車を怖がるコウキとかポケットの中の砂の話とか超よかった。

うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)
著者:宇仁田 ゆみ
販売元:祥伝社
(2012-03-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これ同感。平面に並べることと、同じ硬貨でまとめることは絶対やったほうがいい。ただ、これだけだと指で硬貨を数えられてしまうこともあるので、小銭が多いときは100の位と10の位がちょっと分かれて見えるようにしたり、同じ硬貨が5枚以上あるときは3枚ずつまとまってるように並べてあげたりすると、ほぼすべての店員がチラ見で把握してくれる。

面倒そうだけど、財布から出すときに同じ硬貨をまとめれば普通にできるよ。俺の場合は、10の位から出すことが多い気がする。10円玉とか1円玉がたまっちゃってる場合は見通しをよくするためにそっちから出すかな。

余談になるけど、硬貨を並べるときにきれいに並べる必要はまったくない。ただし、店員がひと目で把握できてこっちも楽ということが大事なので、並べ方のルールをシンプルで楽なものにすることが重要。同じ硬貨をまとめても、これはまとまってるんだよというルールが伝わらないと意味がないし、並べるのに時間がかかっては意味がない。

もっと細かいことを言えば、グループ化の視覚的なテクニックを使ったり、社会的な共通認識をつかったりとか。
よく小銭を縦に積んで出される方がいるが、その場合積んだ小銭を崩してから数えるという行為になる。平面に並べて出したほうがレジの従業員も早く数えることができる。また硬貨を種類ごとにまとめると、さらにスピードアップする。
Business Media 誠:とあるコンビニオーナーの経営談議:イライラしていませんか? コンビニのレジを早く済ませる方法 (1/2)


ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]
著者:Robin Williams
販売元:毎日コミュニケーションズ
(2008-11-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

バクマン。 17 (ジャンプコミックス)

七峰の自滅エンドは様式美なんだろうか……。七峰関連のストーリーは「やり方は汚いけどすごい」が前提だけど、やり方すごいの部分がぜんぜん共感できないのでなんとも。

バクマン。 17 (ジャンプコミックス)
著者:小畑 健
販売元:集英社
(2012-03-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

このページのトップヘ