audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

2010年04月

現在地

研修ということで、大阪に行ってきた。本当は宿を取ってゆっくりとしたいところだけど、用事があるので仕方ない。続きを読む

化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]

ようーやく、オーディオコメンタリーを聞いた。つばさキャットは最後のエピソードということで、羽川翼メインで、ゲストに千石撫子、戦場ヶ原ひたぎ、八九寺真宵が1話ずつという構成。

今回は戦場ヶ原が特に良かったね。TV版最終回ラストにどんなコメンタリーをかぶせてくるかと楽しみだったんだけど、良い感じの壊しっぷり。

化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]
販売元:アニプレックス
発売日:2010-02-24
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

20100411135100

CR-Zに乗ってきた。乗ってきたといっても、友人の試乗に付き合っただけなので運転はしてないんだけどさ。

モーターアシスト付きエンジンを搭載したスポーツカーっていうのはやっぱり夢があるよね。実際のCR-Zも外見からしてやる気に満ち溢れた印象。ちょっとS2000にも似てるような。内装も、びっくりするほど貧相だったCIVIC HYBRIDとは見違えるもの。かっこいい!

Moduroのエクステリアパーツを付けた試乗車もあったんだけど、これはいいね。メリハリが付いてかっこいい。

で、さっそく試乗してみたんだけど、モーターアシスト感が全然無い。もしかしたら運転してたらわかったのかもしれないけど。逆に言うと、すっごく自然にアシストされているとも言える。それなりにわかりやすい演出があるだろうと思ってただけに、ホンダは真面目だなーと感心してしまった。

まあ、でも、長いこと乗ってると、1500CCにしてはパワーがあるなあと思えてくるので、やっぱりアシストは効いているんだと思う。

何度でもいうけど、自分で運転してないので、目に付いたのはパワーぐらい(あとはドアミラーがでかくて見やすそう)。そのパワーだけど、ちょっと物足りないように思えた。やっぱりどうしてもRX-8と比べてしまうんだけど、踏んだときの伸び方がちょっと気持ちよくない。押し出される感じがないというか。

もっとも、1500CCクラスの車といえば、パワーより運動性能。この部分はまったく体感できていないわけで、CR-Z=物足りないと断ずるのは早すぎるのはわかっている。ただ、パンフとかは発信時のモーターアシストばかり取り上げてるんで、そこに注目してしまうと物足りなく感じると思う。モーターアシストが運動性能に与える良い影響っていうのはあると思うので、試乗時はそこに注目した方がいいかも。

ところで、CR-Zの試乗中に散り際の桜並木を通った。散った花びらが舞っていてすっごくきれいだったよ。

現在地

夕食を取った後、ちょっと桜でも見に行くかと柏の葉公園まで行ってきたんだけど、当然ライトアップは終わっていて、ちょっと暗い中での桜見物になった。

やっぱり明るいときに見なきゃダメだねー。

20100409002704

子供だましではなく、エンターテインメントに徹し、オリジナルでストレートなヒーロー物なんて、もう見れないのかなあと思ってたけど、スタン・リーと難波日登志がやってくれた!

気弱な主人公がいて、理解してくれる友達がいて、ちょっと気になるヒロインがいて、超常的な力を持つロボットがいる。考えてみればフツーのアニメなんだけど、この枠組みを子供向け玩具販促アニメの枠外で見ることがどれほど難しいことか……。

しかも、アニメーションの構図がいちいちカッコ良くて、色彩のセンスが超俺好みで、BGMも素晴らしくてオープニングテーマ、エンディングテーマも完璧にはまってるなーって思えて、しかも引きから次回予告の流れで体を乗り出してしまうなんてのは、なっかなか無いからね!本当に超オススメ。

HEROMAN (ヒーローマン) バンダイチャンネル視聴ページ

このページのトップヘ