audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

2008年05月

夏空グラフィティ/青春ライン夏空グラフィティ/青春ライン
アーティスト:いきものがかり
販売元:エピックレコードジャパン
発売日:2007-08-08
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



ワンダーラインワンダーライン
アーティスト:YUKI
販売元:エピックレコードジャパン
発売日:2007-12-12
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

この記事はひどすぎる。

アップスケーリングによるDVDの高画質再生機能はめずらしいものではない。なので、記事の組み立てが根本的におかしい。

たとえば、当の東芝が販売しているVARDIA。今ウチにあるRD-XD72D。2年前に購入した機種だけど、もちろん搭載している。HDMIでハイビジョンテレビに接続すれば、あとはDVDを再生するだけ。2年前のレビューだけど、良かったら「RD-XD72Dを買ってきたよ - audiofan.net」を参考にしてね。

また、身近なところではPlaystation 3やXbox 360も搭載している。

さらに、DVDレコーダーじゃなくて、DVDプレーヤーでも、HDMIで接続できる機種ならアップスケーリング機能を搭載している可能性がある。たとえばパイオニアのDV-410Vとか。

なので、今回の件は、「新チップでアップスケーリングが従来よりも美しくなります!」ということでしかない。

東芝は29日、現行のDVDソフトの映像を高画質で楽しめるDVDプレーヤーを年内に発売する方針を明らかにした。

高画質DVDの規格争いでソニーなどの「ブルーレイディスク」に敗れた東芝は、3月に撤退した「HD DVD」に代わる戦略商品と位置づけ、巻き返しを図る。

現行DVDを高画質再生、東芝が新プレーヤーを年内に発売 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

現行DVDを高画質再生、東芝が新プレーヤーを年内に発売(読売新聞) - Yahoo!ニュース

ダビング10が何かを理解できるユーザーは、そもそもすでにレコーダーを持っている。

......これで終わりでいいと思うんだけど、もうちょっと。

ダビング10問題が騒がれていることを不安に感じて買い控えるというユーザーなら結構いるだろうね。でもそれは「騒がれている」ことが問題であってダビング10は......なんか変な話だ。

まあでも、B-CASを使った著作権保護の仕組みはもう破綻してるんだけどね。B-CASによる著作権保護っていうのは要するに不正コピーの流通を防ぐことが目的なんだけど、フリーオのようにB-CASの運用規定を無視する機器が出回っているせいで、不正コピーを目的とする人間は生データをパソコン上で自由に扱える一方で、一般的な用途としてビデオレコーダーを買った人間は自由度が制限されるばかりか、データ消失の危険と隣り合わせの状態に置かれている。

このような現状は必ずユーザー離れを招く。利用時間の奪い合いが激化している現状で、タイムシフトの手段としてのレコーダーが支持を失うことがどのような結果を引き起こすか。もうちょっとよく考えた方がいいと思うんだけど。

ちなみに、タイムシフトならコピーワンス関係ないだろと思う人もいるかもしれないけど、面倒さこそが家電にとっての敵だと理解して欲しい。

6月2日に予定されていたデジタル放送番組の複製ルールを緩和する「ダビング10」が先送りされることになった。録画・複製に使われるデジタル家電に著作権料を上乗せする制度をめぐり、著作権団体とメーカーが対立しているためで、両者の溝は深く、決着のめどはみえない。メーカーはすでにダビング10対応機器を販売しているが、現行の複製1回制限を解除するにはプログラム変更などの手間が必要。先送りが消費者の買い控えにつながれば、せっかくの「北京五輪商戦」に水を差されかねない。(川上朝栄、塩原永久)

ダビング10先送りで「五輪商戦」に水? メーカー板挟み (1/2) - ITmedia News

昨日「PCを替えてからしばらくすると必ずあること - r_iizuka - はてなハイク」と書いたばかりなので糞ワロタ。

とりあえず、XP時代のパソコンがメモリ512MB、HDD80GBという時点で、「Vistaは糞だ!」と叫んでいる人の気持ちを理解できてない。

提示されているVistaマシンとXPマシンを比較するなら、最低でもXPマシンにメモリ1GB、HDD160GBは欲しい。XPの方がいいといっている人たちはこれくらいの性能はある。正直、メモリ512MBでXPを動かすなんてさぞや苦労されていたことだろうとお察しする。ちなみにメモリを1GB積んでいるようなスペックでも、Vistaを入れると映像再生でコマ落ちが発生したりする。同じPCで比較すれば明らかにVistaは重い。

でも、Vistaを使うならVistaにふさわしいスペックのPCを用意しろという気持ちはわかる。PCの進化は今後も続くものであり、Vistaはそれを見込んだリソース配分をしているからだ。XP時代のPCではVistaが重くて当たり前というのは妥当な指摘だ。ちなみに、細かいことをいえば、数年先を見越した設計である以上、現在のPCのスペックはVistaにとってまだまだ足りないものであるとも言える。

まあね、新OSが出たあとにPC買った人は、「なにお前ら古いOS使ってんだ。新OSは重いだって?スペックがしょぼいんだよ」と必ず言うものです。

俺もXPマシン買ったときに言ったもの。ちなみにVistaマシン買ったときも言った。「Vista結構早いよ」って。

でだ、俺が今使ってるVistaマシンを買ったのがちょうど1年前(PCを買い替えたのです - audiofan.net@hatena)。Core2DuoのE6420、メモリ2GBって感じ。もちろん、Vistaプレインストールモデル。

この1年、ビデオカードをのぞいては劇的なスペックの向上は無かったから、たぶん操作感覚はそれほど変わらないと思う。で、1年間使い続けて、Vistaが重いと称される理由はよくわかっている。回りくどいんだよ、なにもかも。あと、操作導線の誤りが多数ある。

たとえば、エクスプローラで動画ファイルのあるフォルダを開くと、縮小版サムネイルを作るために動画ファイルにアクセスしはじめてエクスプローラが固まることがある。それと、フォルダ内のファイルに応じて表示項目を変えるからいちいち考えながら見ていく必要がある。また、コントロールパネルから「プログラムのアンインストール」を選択して対象アプリを選択すると、選択したときに初めて、画面「上部」のメニューに「アンインストール」という項目が現れる。選択したもののはるか上に音もなくそんなボタンが現れるなんてUIとして絶対に間違っている。何かを選択させた場合は、選択したものの右または下に次のインターフェースを配置すべきだ。

そんな感じで、Vistaは重いと言われるだけの理由がある。俺の友達はXP登場から6年経ってようやく入れたからな。そういうもんだよ。

ついでにVista自体の起動時間について触れておこう。Vistaは「休止状態」の性能が非常に優れている。周辺機器を後付でいろいろくっつけてしまうと問題が生じるかもしれないけど、とりあえず試してみることをおすすめする。俺の電源ボタンはすでに「休止状態」を割り当ててある。これなら起動に時間がかかることはない。休止状態中心の運用はXPでも試したことがあるけどうまくいかなかったのでVistaの利点として特筆しておきたい。

Windowsの最新OS、Vistaの評判があまりに良くないッ!

98→XPの時以上に変化の大きかった外観(Meは無かったことになっているから無視)もその要因の一つだけど、一番の不満点は「起動に時間がかかりすぎる」ことらしい。

アプリを使っていても「重い」感じが否めない、という声をよく聞くようだ。

Vistaが糞重いって!? どんだけしょぼいパソコン使ってんだ!?

結局データとかはどういう扱いになったんだろうか。超図解パソコン用語事典はかなり追い詰められながら作った本なので何にせよ生かしてもらえるのはありがたい。

ちなみに「辞典」じゃなくて「事典」ね。

「ASCII.jp デジタル用語辞典」は、2000年9月より提供していた「アスキーデジタル用語辞典」をリニューアルしたもの。エクスメディア刊行の書籍「超図解 パソコン用語辞典<2007-08年版>」を主な出展とし、アスキービジネスオンラインのIT用語辞典(約950語)、ネットワークマガジン用語辞典(約250語)からも収録している。

「アスキーデジタル用語辞典」が刷新、クリエイティブコモンズに対応

このページのトップヘ