audiofan.net blog

audiofan.netのブログです。

2008年01月

Acrobat Professional 7.09で「注釈」→「Acrobat Readerで注釈を有効にする」を選択すると、保存処理をごにょごにょやったあとに「このファイルに書き込む権利がありません。」って出てくる!なんでか全然わからん!ぐぐっても出てこねえし!同じファイルを使って別のPCで試したらできるとかわけわからん!

追記:英語版でのメッセージは「You do not have permission to write to this file.」

B-CAS

もっともな話だし、そうなって欲しいんだけど、廃止の方向にきれいに進めるには放送業者にとっての金銭的なデメリットを見つける必要があるように思う。

ただし、B-CASの存在によってコンテンツデータの取り回しが不便になることによって、P2P上のデータや海賊版の価値が高まることを考えると、尊法意識の低下という形でコンテンツ提供者の不利益となる。もっとも、これらのデータはB-CASの存在の有無にかかわらず存在するので、だからどうしたという話でしかないかもしれない。

補償金

補償金は特定のジャンルのクリエーターが、しかも換金できるコンテンツを生み出せた場合にのみ得られるものだから、文化の発展には何ら寄与しない。Culture Firstと言うからには、換金しづらい活動をどう支えていくかという提案がセットになっているべきではないかと感じる。例えばつい30年前に放送された映像ですら、失われているものは少なくない。文化の研究家はCulture Firstというお題目にふさわしい扱いを受けているか。

作詞家や作曲家、実演家がお金の取り分を増やそうとする活動をすることは正当なものだけど、文化を旗印にするなら広い視野での相応の活動をして欲しい。ネット上の世論は大義の中身と実際の活動の差があることに厳しすぎるところはあるけど、これはそれ以前の問題じゃないかな。

B-CASや補償金などで「文化を守る」と声高に叫ばれるが、日本流のコンテンツを作り、さまざまな手段で販売していくことこそが、本当の「Culture First」に結びつくのではないか。

ITmedia +D LifeStyle:そうだ、「Culture First」だ (1/3)

調べたわけではないのでよくわからんけど、皮膚に住んでいる菌も駆逐している感じがあるので1ヶ月ほど使用停止中。

しかし2日目ににおうような感じがしないのは未だに効果が残っていると言うことなんだろうか。よくわからん。

最近寝るときに寝室が寒いので真剣にエアコンの購入を考えていたんだけど、夏は問題ないのだから電気毛布を買えばいいのかと思いついてさっそく買ってみた。

快眠プログラムというのが付いていて、寝ているときは温度を下げてくれるのがとてもいい。熱くなりすぎるんじゃないかと思ってたけど、その心配はしなくて大丈夫みたい。

別にコメントしなくてもいいかと思ってたんだけど、やっぱり啓蒙は大事だよねと言うことでコメントすることにした。オーディオのケーブルで音が変わるかどうか、という点だけど、俺の経験では変わる。次にお金を掛けるべきかどうかという点だけど、バラ売りのオーディオ機器を使っているなら、ある程度掛けた方がいいと思う。ただ、何万も掛ける必要はないよ。

ケーブルについて全然考慮したことが無くて、スピーカーに赤と黒の細いケーブルを使っているなら、まず1メートル500円程度のスピーカーケーブルを買ってみるのをおすすめしている。違わないなと思えばケーブルにそれ以上投資する必要はないし、違うなと思えば、いろいろと試してみればいいと思う。お金掛かっちゃうけど。

俺が使っているケーブルでいうと、スピーカーケーブルは親父のお下がりを使っている。いくつか自分でも買って試してみたんだけど、全くかなわなくてもういいやという心境。オーディオケーブルはモンスターケーブルのInterlink 100を使っている。2000円ぐらいだけど、これを買うまで使っていたどのケーブルよりも良かったのでこれで統一してしまっている。ちなみにHDMIケーブルはDVDレコーダーの付属品をそのまま使用。

[WSJ] 高いケーブルは音がいい? オーディオマニアに聞かせてみた - ITmedia アンカーデスク
 2〜3ドルで問題なく聞こえるスピーカーケーブルと、数千ドルするが、たぶんもうちょっとよく聞こえるケーブルのうち1つを選ばなければならないとしたら――そんな場面で2番目のケーブルを選ぶ人は、先週ラスベガスに行っていたら楽しく過ごせたことだろう。
高いケーブルは音がいい? オーディオマニアに聞かせてみた - [モ]Modern Syntax
でもちょっとだけの違いに何万円も出せないな。

このページのトップヘ