RX-8タグを見てみると、2009年ごろにはエンジンのかかりが悪いなーということを自覚しているようなんだけど(レッカーもあったし)、ここんとこはもうそういう車なんだと思い込んでしまってた。
でも、良く考えてみれば購入当初はそんなこと全然思ってなかったし、ちょい乗りすると燃料がかぶって……みたいなことがあったとしても、それにしてもセルの回りが良くなったり悪くなったりって、ちょっとおかしすぎるだろ、良いときもそんなに良くねえぞと思い直した。

バッテリーの方は購入当時よりもむしろ良くなってることを考えると、じゃあセルかということになり、調べてみるとやっぱいろいろ出てくる。で、「GTNET 神戸西ブログ >> RX−8の整備中に発見!! 」あたりと、↓のビデオを見て、これはやるしか!ということでディーラーに相談、結構長いこと話して、交換してみることになった。


今日は朝からディーラーに取りに行ったんだけど、えらく音が軽くなってる。このセルモーターは型番の末尾が更新されたとかじゃなくて別部品扱いなので昔の感覚との比較はできないけど、少なくとも換えて良かったと思える音になった。これで良くなってくれるといいなー。

今回はついでに前から勧められてたエンジンマウントの交換もやってもらった。「ずっと乗ってると気付かないかもしれませんけど、この振動、相当大きいですよ」と言われてたんだけど、変えてみると本当に静かになってびっくりした。止まってても動いててもわかるぐらいの変化があったんだけど、信号待ちの時が一番実感できた。正直、エンジンマウント換えたら変わるのかなーと思ってたけど、勧められるだけあるわ。違う。

まあでも今回、ついに普通の状態に戻すための部品交換をするようになっちゃったなーと思った。もうすぐ丸9年だし、仕方ないけどねー。