トリニティ ジルオール ゼロ(通常版)

待ちわびたトリニティ ジルオール ゼロがようやく届いてさっそく遊んでたんだけど、期待以上に没頭できる出来で、9時に朝飯を食べてそのまま17時前までトイレもろくにいかずにやり続けてた。ゲームでこんだけ没頭したのって超久々だ。
トリニティ ジルオール ゼロは、三國無双シリーズで知られるオメガフォースが制作したアクションRPG。アクション部分は三國無双っぽい、爽快感重視の連打系。雑魚は気持ちよく吹き飛ばし、デカい敵は飛び込み回避から攻撃連打連打連打を繰り返して、フィニッシュサインが表示されたらL1+R1を押してトリニティアタックでトドメという感じ。連打ゲー大好きだ。

経験値やお金が手に入るのは、敵を倒したときもだけど、大きいのは冒険者ギルドなどで受けた依頼の成功時。冒険者ギルドに終わったよーと言いに行くと、報酬と経験値がもらえる。レベル上げの時も、なんか適当に汎用型の依頼を受けて人の救出に行ったり、○○退治したりって感じで、最後は大体それなりのボス敵を倒して終わるので飽きない。

経験値の入り方とか、なんかソードワールドを彷彿とさせるんだけど、武器とかもそれっぽい。たとえばレイピアという武器があるんだけど、攻撃力を表す数値だけじゃなくて、追加効果が付加されていることが多い。たとえば、「通常攻撃の速度上昇LV2」「武器による攻撃範囲拡大LV2」とか。で、その付加効果に応じて、「長刃のレイピア」とかいう名前になったりするわけだ。

町もいいよね。冒険者ギルドがあって、魔道士ギルドがあって、酒場があって……。懐かしい!

で、キャラクターのレベルが上がって、武器に追加効果をつけることができて……って、よく考えたらやってることは三國無双とそれほどかわらない。町で準備したりしてるし。やっててそれが一番驚いたところで、ただ、やってみると三國無双とは全然違うんだよね。三國無双は上から見て塗りつぶしていく感じなんだけど、トリニティ ジルオール ゼロはプレイヤーとキャラクターの視点が一緒で、冒険してるって感じがよく出てる。

戦闘もさ、仕方なくキャラクターを切り替えるって感じじゃなくて、こっちのキャラクターに切り替えた方が楽だからというのが自然に身について、力押し連打一辺倒にならなくて済んでいる。これってすごいよ。本当に完成度が高いゲームなので、ぜひやってみてほしいな。



トリニティ ジルオール ゼロ(通常版)
コーエー(2010-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る