決勝トーナメント初戦は韓国対ウルグアイ。初戦から熱い試合になったね。韓国も今大会で見せてくれていた素晴らしいクオリティを引き続き見せてくれたんだけどスアレスのいかにもワールドカップと言うような絵になる2発で敗退することになってしまった。

それにしても韓国はよくも1ー0から追いついたよね。ウルグアイは1点取ってしばらく経つと前線にスアレスを残して自陣に引きこもるっていうつまらないことをしてくれて、韓国が追いついたときは、1回守る意識になったウルグアイにチャンスはあるのか?とか思ってたんだけど、さすがというか……。

もちろん、ウルグアイはなんと言ってもスアレス、フォルラン、カバーニ、アルバロ ペレイラあたりの4人だけで攻撃できる力と、グループリーグを無失点で切り抜けた守備力があるわけで、勝つにふさわしいチーム。この後のアメリカ対ガーナにはなんとかアメリカが勝ち上がってもらって、ウルグアイ対アメリカを実現して欲しいね。