ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]

劇場公開が始まってからあまり悪い評判を聞かず、それどころか、良い実写化の例としてあげられているのも見かける実写版「ヤッターマン」を借りてきた。
この実写化は相当難易度が高かったと思う。広告などで見ていたビジュアル面も、ドロンボー側はかなりいいと思ったけど、ヤッターマン側は主役2人がちょっ と浮いてる感じがしたし、ヤッターワンもちょっとどうかと思うデザイン。やっぱり、原作と比べちゃうんだよね……。

だけど、すばらしい実写化だったと思う。

まず、舞台の表現。これが本当に良くできていて、映画の世界に没入することができた。厳しい予算だったろうによくぞここまで……!と思っちゃったりはしたけど!邦画だと、背景、人間、エフェクトがどうもかみ合わず、安っぽく感じてしまって現実に戻ってきてしまうことがままあるけど、この映画はそういうことが無かった。うまくやりくりしてるんだろうなー。あ、ただ、ゲストタレントがちょっと顔出すところはちょっと現実に帰ったな……。

ヤッターマン2人については、想像していたよりはだいぶ良かった。基本的にオーバー目な動きで演じている部分はかなり満足。アクションもかなり見応えがあって、アイドル的なナヨっとした感じを覚悟してたけどそんなことは無かった。

ヤッターワンは、最初にデザインを見たときは、おそらく動かせないからこういうデザインにしたんだろうなと思ってたけど、実際はしっかりアクションしてた。主にやられるアクションだけど。あのデザインは雰囲気との整合性を考えると仕方ないかもね。

ドロンボーは期待通り。深田恭子が思ったよりいつもの深田恭子 だったけどね!ケンドーコバヤシと生瀬勝久は特に素晴らしかった。最初に名前を聞いたときからこれは良いキャスティングじゃないかと思ってたけど、実際はそれ以上だった。まったく違和感なし。この一言に尽きる。

ストーリーはなんと原作を再現。すなわち、ドロンボーメカ製作のためのインチキ商売→ドクロベーからの指令→オモッチャマが目撃→ドロンボー出発→ヤッターマン出動→舞台は○○(改変地名)→ヤッターマンのアクション→ヤッターワンがコテンパンにやられる→メカの素→今週のビックリドッキリメカ→ドロンボーメカ爆発→ドクロ型きのこ雲→ドクロベーのお仕置きだ。

原作の雰囲気を多少再現するために、特徴的なネタは仕込んでくるだろうと思ってたけど、あらすじを完全に再現するというのにはびっくり。しかも懐かしくておもしろい。特にインチキ商売は良かったね。金を握りしめて群がる客が再現されるとは思わなかったよ!

細かいところ、たとえば、ヤッターワンでの移動シーンをわざわざ入れたこととか、アリメカがちょっとキモイとか、そういう不満はあるにしても、全体として、本当に良い印象を持った。実写化と言えば、原作が単なる素材扱いになってたり、単なるラブストーリーに原作の皮をかぶせただけになってたりするのをよく見るけど、ヤッターマンは忠実な実写化といっていいと思う。しかも、換骨奪胎されたレベルの高い実写化だ。往年のファンには是非楽しんで欲しい。

さて、余談。ジャンボパチンコのシーンはアホすぎてゲラゲラ笑った。あの流れだと、富士山よりも大事なものになっちゃうだろ!あと、ドロンジョとトンズラーの声の人が出てくるシーンがあるけど、もう一人いるのは原作チーフディレクターの笹川ひろし。一瞬、あれ、ボヤッキーの声の人ってこんな人だったかなと思ったけど、「ささやきレポーター」そのまんまの顔で、笹川ひろしだと確信できた。会津若松出身で、ある意味ボヤッキーのモデルでもある。

ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]
出演:櫻井翔
販売元:バップ
発売日:2009-09-25
おすすめ度:4.5
クチコミを見る